ブログの渋谷

生ガキ

2005年11月17日

生牡蠣食った....
宮城県鳴瀬産とか、岩手県大船渡産とか、なかなかの美味....
と普通の人は思うんだろうけど、悪いけど味の違いはぜんぜんわからんかった。
あの味の違いを判って食する人は、どれくらいいるんだろう??
今まで全く自意識がなかったけど、かなり味音痴なのか?
きれいに盛り付けられ、見た目は確かにおいしそう(生理的にイヤじゃなければ)だし、お店の雰囲気もいいから、取り合えず〝目〟からは期待大なんだけど、肝心の味がわからん。
もしかしたら、人生とても損をしているのか??と結構真剣に考えてしまった。
いや、味の違いはわからんけど、あんまりマズイと思うものに出会ったことがないから、逆に幸せなんだな、たぶん。
  • 投稿者 shibuya

小泉首相の内閣改造

2005年11月01日

内閣改造が今日あったらしい。
っていうか、さほど興味が無かったりもする。
しかし、小泉人気も留まるところを知らずって感じで、平成の名相となるんだろう、たぶん。
やっている内容は賛否両論あるんだろうけど、本質的に改革しなければならない部分をきちんとさばいているところには好感を持っているし、近しい感性で仕事をしているようにも思う。
しかし、今回の人事にせよ、あと1年で出処進退を自ら定めているところにせよ、かなりデキ過ぎですね。
古来から、英雄と呼ばれる人が、世を統治する時代があった。
ここで錯覚してはならないのは、英雄が素晴らしいのではなく、傑出した英雄が世の中に出なければならない、または必然性を持って迎え入れられる時代の方がおかしいってことを。
世の中のバランスが保たれ、モチベーティブな環境が多く存在し、世相と人の生き様がシックリきている時代に英雄は必要ない。
一人のカリスマにここまで国の未来を託し、且つ英雄の存在に盲目的に浮かれてしまい、その本質に気づかないように人々がなってしまっていることが、一番の問題だ。
  • 投稿者 shibuya

東京

2005年10月27日

東京出張がありました。
たぶん、これから行く機会が増えるんでしょうね。
自分自身はいつもコンプレックスの固まりなんで、それを克服するために努力しているみたいな面も多少なりともあったりする。
自分が自信を持てる段階に到達するまでがんばっていけば、それに関して周囲が自分を自然と認めてくれるようになって初めて、コンプレックスから開放されるみたいに。
こんなん書くといい年してバカみたいだけど、昔っから東京って憧れだったりする。
出張行く度に、チャレンジしてもまだまだ勝てそうにない(受け入れられそうにない)んで、なるべく関西で自力をつけようと思ってた。
でも、最近はそろそろ勝負できそうな気もちょっとしてきたから、調子乗りは怖い。
昔に比べると、引き出しと知識が増えた分、リスクが見えてしまうようになったけど、それらも含めて客観的に最善(会社の目標に対して)の選択を自信を持ってやりたい。
  • 投稿者 shibuya

社長blogようやく公開!

2005年10月12日

ついに社長blogが立ち上がりました。
日々のネタが頭のなかにストックされてると思いますので、バンバン書き込んでください>社長

よろしくお願いします。


2005年10月12日 社員一同
  • 投稿者 shibuya

ページ