ブログの渋谷

第69期上半期

2016年02月12日

今日は、第69期(2016/6期・創業88年)上半期の決算を発表しました。
今年度の予算は、営業利益で昨年度対比127%
上半期、まずは確実にここに向けた数字をクリアすることができました。
株主様、お取引先様、当社社員含め、当社に関わる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます!
そして同時に中期事業計画も発表いたしましたが、第71期(2018/6期)の営業利益は366百万円。
第68期(2015/6期)が、180百万円ですので、3カ年で倍増となります。

毎年130%前後の成長を想定している数字となります。
この成長を早いと言うか遅いと言うかって議論はあるでしょうけど、一つ一つB2BやB2G分野での

ストックの積み上げを実現させていくことで、着実に数字を重ねていくことが重要だと考えています。
そして、創業100周年となる2028年に向けて、12年で営業利益を10倍とするという目標を掲げ、
地道ではありますが、近視眼的に一喜一憂せず、大局観を持ってシッカリと社会に役立つサービスを
提供し続けることが大事ですね。
派手さはないですが、一所懸命に!


 

  • 投稿者 shibuya

真っ当に、強く!

2016年01月19日

負荷への耐性力という意味では、ここ1年格段に「負荷」の形が変わり、大きくなってきた。
それは、自分たちがより脇を固めて正しい行いを貫かなければならないという証。
その中でも、正しいと考える行いを信じて貫くことで、既存の良くない仕組みを変化させる

ことができるのなら、それも良い。
もう30年に渡って、既得権益者のありえない自己保身と図らずも対峙してきた。
その都度、自分も傷つくこともあるが、それでも間違ったことにだけは絶対に手を染めない。
小学生の頃に学んだ常識、例えば「ウソをつかない」とか、そういったことを、キチンと守り

続けるだけ。
妙な頑固オヤジなんで、間違ったことだけは絶対にダメ...というストイックさだけは負けないな。
正しく生きるのが難しい現代
それでも正しく真っ当に。
宇宙の大局観に比べると、人間の存在など微塵もない。
一度きりの人生、とにかく真っ当に、強く!

 

  • 投稿者 shibuya

2016年 あけましておめでとうございます!

2016年01月01日

新年あけましておめでとうございます!
こちらにポストする回数もメッキリ減ってしまい、申し訳ない限りですが、今年はできる限り

また書いていきたいと思っています。
 

さて、今年の当社スローガンは「素直な心~ホスピタリティ・ファースト~」
成長のためにはいつも「素直な心」が大切
物事を斜めから見たり、現場感無く評論したり、自己保身ばかりになったり...
そんなカッコ悪い大人にはなりたくない。
いつでも素直な心を持って、まだまだ成長する。
成長とは、自分と周囲を幸せにするために必要なこと。

みんなが豊かな人生を送るためには、個が成長する意志を持ったコミュニティであることは大事ですね。

 

また、既存の事業の枠組みは、更に進化を図っていきますが、自律的な組織への仕組みとして、もっと楽しめて

ワクワクするような事業も始めたいと思っています。
それは、当社のアイデンティティの形成や、関わる人たちとの共感に役立ったりすることで、労働市場の

環境変化への対応という意味も持ちます。

 

そして、今一度理念の浸透を!
当社のフィロソフィーも、今年は改訂しようと考えています。
普遍的な部分はそのままで、しかし時代の変化と共に新たな感性を持ち込みたいと思える部分には、新たな

表記を。
 

いろいろ変化のあるチャレンジングな一年になりそうです。
どうぞ、本年も変わらずのご愛顧を。
よろしくお願い申し上げます。

 

  • 投稿者 shibuya

株価

2015年12月03日

こういうことを書くとお怒りを買うこともあるかも知れませんが、私、株のこと
あんまりわかっておりません...

ただいま勉強中です(笑)
フツーに事業に邁進してきたら、株価や市場のことわかっているわけもなく...
ただ今は、大切な株主の皆様からお叱りを受けないよう、ちょっとずつ理解度を

高めています。
それにしても、この「株価が動く」ってアルゴリズムが不明です...って知ってたら

大金持ちですけどね^^;
原理原則はあると思いますが、その通りに動くものでもない。
ある人からは、「株価は片目つぶってみておくくらいでちょうどいい」と言われた

こともあります。
それでも、やはり当社に出資を頂いた株主の皆様にご迷惑はかけたくないと思うので、
気になりますよねぇ...
とは言え、私にできることは事業頑張ることと、適切に開示していくことだけ。
テクノロジーを手に入れ、魅力ある価値を作り出し、バランスの良い成長を遂げ、
都度正当にシッカリと開示していく。
以上も以下もないですね。
上場したとは言え、まだまだ初心者。
奢ることなく、私自身もオーナーではあるけど、ここは経営者として株主様の附託を

受けているという意識を強く持って、約束を正しく守っていくだけですね。
負荷もあるし、超えないといけないハードルも高いですが、その結果の株価であると
思っています。
 

  • 投稿者 shibuya

企業内託児施設

2015年11月17日

まだまだ検討段階ですが、当社で社員からの要望が多い託児施設。
企業内託児所も、徐々に増えてきていますが、社員数250名で平均年齢31才、女性が半数近くを占める

当社にとっては、とても大切な問題です。
別に政府の方針に則ってって気持ちではなく、単純に何とかせんとアカンやろ!って感じ。
現在、産休・育休取得者の職場復帰率は100%ですが、その時期については公的な保育施設に空きが
無くて遅れることも多い...
また、職場復帰後も時間の制約や、お子様の体調によっては、しょっちゅう休まざるを得ないことも

多く、会社はまぁイイんだけど、ご本人が気を使ってしまう...
いくら、復帰後研修を充実させて復帰しやすい環境を作っても、復帰後互いに気持ちよく勤務できる

環境でないとね。
私たちにとっては貴重な人財で、永く働いて欲しいとも願っているので、そういう意味では企業内

託児施設の検討は必須。
いろいろ乗り越えるべきハードルはありますが、何とか実現させたいと思っています。
 

  • 投稿者 shibuya

事業創出と時代の流れ

2015年10月22日

私たちのクラウドサービスは、大きく分けて2つの方向を持って動いています。
1つは、自治体の情報発信を支援する地域情報クラウド。
もう1つは、自動車や建機、農機などの動態を管理、監視するM2M/IoT関連のモビリティクラウド。
将来的には、この2つの分野も徐々に繋がっていくのだけど、それはもう少し先かも...
それで、なんでこんな違う分野をやっているの?
って、良く聞かれます。
いやいや、すんごくリアルに必然性と納得感あってやってるんだけどなぁ~

地域情報クラウドは、1990年代後半、インターネットの登場と共に自治体に情報発信のご支援で営業に

行けば「情報発信なんてすると、問い合わせとか増えるからヤダ!」(笑)なんてことが、平気で言われてました。
それが今や積極的に、自治体は彼らのステークホルダーでありお客様でもある、住民など地域の主体者に対して、

積極的に透明性を持って、スピーディに情報発信をすることが責務となってきましたね。
そして、地方創生!
地域の産業活性、雇用創出などには、自治体のオープン性は極めて重要。
そこを支援するクラウドサービスは、まさしくオープン・ガバメントのツールだと思っています。
この感覚は、1990年代からずっと私が持っているもの。
実は、20世紀から働いている私は、社会構造に対し「おかしい!」と思うことが多々ありました。
でも、インターネットはそれを改革する力があると確信したんですよね。
オープン・スピード・グローバル・シェア・コミュニティ・インタラクティブ・フラット...こんなインターネットが

有する仕様や思想は、まさしく構造改革のインフラストラクチャ。
そう思って、なかなか芽が出なかったこの分野を推進し続けて、ようやくここ数年大きく動き出したという印象です。
時代の流れ...早すぎても遅すぎてもダメですが、しっかりと環境から読み解いていきたいですね。

そして、モビリティクラウド。
当社のサービスは、商用車向けのテレマティクスサービス。
いわゆる、自動車がインターネットにつながることで、その状態を管理、監視するシステムです。
これがまたいろんな動態や機械に向けて進み始め、昨今は自動運転なんてキーワードも出始めたけど、ベースとなる技術

をしっかり蓄積していきたいですね。
で、なんでこれやってるのか...^^;
当社は、創業87年、法人創立69期目。
昭和の頃は、ずっと自動車電装関係の町工場。
まぁ、自動車のアフターマーケットにおいては、いろんな関係性もあるし、いろんな知見もありました。
私も、1980年代に社会人生活をスタートしましたが、毎日毎日自動車電装の仕事をしていました。
ただ、その業界は20世紀後半の国内自動車産業の大きな構造改革の前に、風前のともしび...
その後私たちが手に入れたIT、インターネットやモバイルの技術と、この自動車電装関連の知見や関係性を活かして、何が

何でも創業の仕事に関する最新の事業で成果を残したかったんです(笑)
いや、というよりもこれだけ社内にリソースがあって、時代の流れの中でもIoTや運転管理などへ動いていくことは、この分野で

仕事をしている人たちからは必然なので、確率論から言ってもここには取り組むべきと。
これも、もうかれこれ7年くらい取り組んでいるので、地域情報クラウドよりは短いので、技術蓄積と共に実態的にはもう一歩

先かも知れませんが、確かな手ごたえを感じている事業です。

いずれもリソースをベースとして環境やポジショニングなど、社会の流れを大局的な視点で見て、そして最後は当社の「社会の

公器として永続する事業体となる」「社会課題をクラウドサービスで解決する」というテーマに沿っているかの判断で、推進して

いるもの。

私的には、すんごくストーリーがある展開だと思っているんですよね。
なかなか分かりにくいので、「なんで、こんなのやってるの?」って言われちゃうんですけど...^^;
これからも、この延長線上に展開できる流れはたくさんあるように思っています。
しっかりやりきっていくつもりです。

 

  • 投稿者 shibuya

ブログ10周年!

2015年10月13日

危うく忘れていたのですが、昨日でこのブログという名の日記“ブログの渋谷”開設10周年
となりましたッ!
ありがとうございます!
いやぁ~我ながらよく10年続いたなッと。
最近は、Facebookを始め、多様なSNSの登場により、こちらに書くことが少なくなって

きたのですが、自社コーポレートサイトに掲載されている意味も含め、これからもシッカリ
続けていきたいと思っています。
っていうか、どうなんでしょう...飽き性だと思っているんですが、案外何でも長く続くものは
続いているんですよね...
最初の頃のを読んでみると、なんだか感慨深いです。
割と普遍的なことを書いてるつもりなので、考え方は今もさほど変わりはないのですが、やはり
若干恥ずかしい話もチラホラ(笑)
逆に、久々に読み返すと、“なるほど!”と思うこともあって、忘れてしまっている考え方を、
思い出させてくれている面もあります。
文章にして残すって大事なことですね。
2005年からのこの10年間って、本当に激動だった。
私の40才代すべてですね。

私は、少し「気づき」を持つのが遅かったと思っています。
だから、30才代は、いろいろ勘違いしていて、失敗の連続でいろんな方にご迷惑をかけた10年。
ようやく、40才代の10年で、少しずつ「気づき」を持てて、ちょっとずつ取り戻したかなぁ~
ほんまに遅いわ...
さてさて、50才代の10年間はどうなるんだろ?
ブログもいつまで続くのかなぁ~
ここのSEARCHで“素直な心”で検索してみると、たくさんのポストがヒットする。
それだけ10年間ずっと、そう思い続けている大切な心。
50才代なんで、フツーは多様性を認められなくなり、頭も固くなる。
いろんな常識を身に着けると余計に負荷や責任がしんどくなり、チャレンジができなくなる。
そういう状況を少しでも回避するのも、やはりこの“素直な心”だと思う。

それだけは忘れないように...


 

 

  • 投稿者 shibuya

災害時のサービス品質

2015年09月17日

当社の「地域情報クラウド」ってサービス分野は、いわゆる地方自治体様と住民とを繋ぐ、
公共情報の発信を支援するシステムです。
自治体の情報システムは、バックエンド側の基幹システムと、フロントエンド側の住民情報
システムに大別できるけど、規模が大きくなく、定型化が難しく、インターネット経由なので、

多様な要素に配慮が必要で、且つ地域課題に取り組まないといけない住民情報(地域情報)
システムは、本当に難しいと思う。
だけど、公共情報は近年では最重要なインフラであると考えれば、意義深い仕事だな。
そんなことを、災害時には特に感じる。

クラウドサービスである以上、急激なトラフィックやアクセスの変化にも柔軟に対応し、常に
必要な情報配信を実現し続けるサービス品質が重要。
過去には、ここに対応しきれず、ご迷惑をおかけすることもあった。
最近の自然災害時には、弊社がサービスをご提供している自治体様の情報発信に対し、平常時の

100倍近い負荷がかかったけど、問題なく対応できた。
裏側では、弊社社員が平常時以上の体制で、監視運用に当たっている。
縁の下の仕事だけど、このサービスのお陰で、避難勧告や避難所の情報など、災害時の情報配信
が住民にスムーズに伝達でき、少しでもお役に立てたのであれば、とても意味のある仕事だと思う。
とは言え、被災した方々がいらっしゃり、それについてはとても心が痛い。
だからこそ、21世紀のインフラともいえる、公共情報を取り扱う以上は、もっともっとサービス
品質を高めて、より意味のあるサービスに昇華させていくことが、私たちの使命だと思う。
 

 

  • 投稿者 shibuya

第68期決算

2015年08月14日

おかげさまで、昨日当社第68期(平成27年6月期)の決算発表を行いました。
ありがとうございますッ!
まずは、会社創業から87年、法人創立から68年もの長きに渡って、会社が存続
していることに感謝。
生き延びるために、業態を変化させてから20年。
しんどいこともたっくさんありましたが、こうやってまた決算を迎えることができ
たのは、お取引先様、株主様、そして従業員やその家族の皆様のお陰です。
当社のSMARTVALUE Way!「フィソロフィー」にある会社の目的は“社会の公器として
永続する事業体となる”と定めています。
私たちの行動は、すべてここに帰結するといっても過言ではありません。
上場を実現したのも、これから100年200年続く企業になるための選択であると思って

います。
いろいろ不器用で要領も悪いですが、とにかく全うに、とにかく原理原則通り事業を

推進して、社会に役立ちたい。
その結果でしか、企業は永続しないと思っています。
第69期は、チャレンジングな年度です。
ですが、「信じきる力」を持って、乗り越えていきたいと思っています。
そして、創立70年、創業90年をこれからの3ヵ年で迎え、その先の礎とできれば。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

  • 投稿者 shibuya

真面目に正当に正直に

2015年06月18日

いろいろありがとうございます!
本当に皆さまに感謝です。
とは言え、組織全体が奢ることなく、甘えることなく、油断することなく、惑うことなく、

真面目に正当に正直に、事業を進めるのみです。
1+1=2にしかなりません。
これからも変わらずに、真摯にお仕事やりきるのみです。
時間が掛かりすぎたりどんくさいこともありますし、社会性のある事業など簡単ではない

ことは重々承知しています。

それでもひたすら正当に、素直に凡事徹底。
いろんなご意見やご批判も頂戴しますが、私たちの原理原則はそれでしかありませんネ
 

  • 投稿者 shibuya

ページ