ブログの渋谷

“クルマツナグプラットフォーム”

2016年07月26日

本日開示いたしました。

モビリティ向けのIoTプラットフォーム“クルマツナグプラットフォーム”を8/1より提供開始いたします。

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80522/c40fb0f1/f0c6/478f/85bc/6edf96b9c047/140120160726457918.pdf

 

祖業である自動車関連にIT技術を付加して自動車社会の改題解決を目指して、10年近く取り組んで

来ましたテレマティクス分野ですが、昨年ローンチした“CiEMS 3G”が好調なことから、さらに長年の

ノウハウを活かしたプラットフォームサービスを提供するものです。
コネクティッドビークルとかって、デバイスと通信とソフトウェアがあれば簡単にできるように思われ

ているかも知れませんが、まぁ当然そんなことないわけで...
過酷な自動車という環境においては、ノイズや異常値の発生はつきもの。
当社のプラットフォームでは、そういうゴミデータをフィルタリングする機能初め、モビリティ向けに

必要な機能を搭載し、短期間でIoTサービスの提供を開始できます。

これから、サービス側もインフラ側も含めて、多様な企業とのパートナーシップを予定しています!

 

  • 投稿者 shibuya

4th 中之島BBQ

2016年07月03日



昨日は、恒例のBBQ@中之島!
4年目となりますが、140名のゲストにお集まりいただきました。
社員、取引先、同業者、金融機関、バスケ、同級生...と、その友人ってことで、本当に感謝の場と
なりました。
いろいろご不便や失礼もあったと思いますが、皆さんの笑顔で許していただきましょう。
“ホスピタリティ・ファースト”を実践できますように。
来年は5周年となりますので、少し趣向を変えてみたいと思っています。
ありがとうございましたッ!
#ダンスへの期待が案外高かった...(笑)

 

  • 投稿者 shibuya

くるみんマーク

2016年06月27日

ようやく厚生労働省の「くるみんマーク」を取得できました!
子育てサポート企業として厚生労働大臣の認定を受けたということは、本当に良かったと思います。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/kurumin/

地道に粘り強く進めた担当者、そして理解を示してくれた従業員の皆さんに、本当に感謝です。
とは言え、これからが大事。
ようやくスタートラインに立っただけで、認定企業であるからこその対応を推進できないといけ

ませんね。
産休・育休取得促進などだけではなく、復職後の対応や、もっと言えば組織全体がそのことに対して

どれだけ寛容でいることができるかがポイントだと思っています。
形だけ整えても、組織風土がついて来なければ意味がありません。
ご本人は、周囲に迷惑をかけている...と思ってしまうわけで、その気持ちを汲み取って、キチンと

サポートできる体制が組織にないと、形だけではどうしようもありませんね。

これも、まだまだこれからですが、一つずつ無理せずに、でも着実に進めて参ります!
 

  • 投稿者 shibuya

上場一周年!

2016年06月17日


 

早いもので、2015年6月16日にIPOしてから、一周年。
当社のコーポレートカラーに合わせたブルーの胡蝶蘭を頂戴しました!
ありがとうございますッ!

この1年間、本当にいろいろありました。
とにかく、上場前は100%親族で株式を所有していたので、初めて外部の投資家様の存在を意識することに

なり、いろいろ緊張の1年でしたが、何とかお約束を守り続けられるよう尽力できました。
私としては、個人投資家の皆さまに向き合い続けようということで、毎月1~2回は各地で説明会を実施させて
頂く機会を頂戴しており、良い勉強になっています。

事業面では、上手くいかないことも当然ありましたし、問題も多く出ましたが、それでも以前よりは一歩

ずつ前へ進んでいると思います。
 

まだまだ、スピード感、クオリティ、働き方、技術力、ガバナンス、コンプライアンスなどが、会社全体に
ピタッとフィットしている状態には程遠く、一つ一つ丁寧に対処し続けながら、着実に合わせる努力を繰り
返す時期
ですが、その中でもシッカリ成長を続けられるよう、誠実に努力を続けたいと考えています。


2周年に向けても、一所懸命に!

 

  • 投稿者 shibuya

新卒採用

2016年05月12日

早いもので、2017の新卒採用最終面接が始まった。
会社と学生は、対等な立場。
会社「雇ってやった」

学生「採用していただいた」
と言う関係はダメ。
会社「当社を選んでくれてありがとう!一緒に成長していこう」
学生「ご縁をありがとう!これから会社を自己成長のフィールドとして活用します!」
くらいの心持ちがイイ。
学生からの質問で「従業員の多様な幸せに答えるために、会社は何に注意していますか?」
というものがあった。
「会社は従業員の多様な幸せの追及一つ一つに対応はできないが、そのベースを提供できる
存在になることはできる。そのベースとは常に正当であること」
と言うような回答をした。
「正当である事」
これを貫くことがどれだけ大変か...
そもそも何を持って「正当」と言うのか、という定義にもよるが、それは学生には、あなたが

今考えている「正当であるもの」の感覚を大切にしてほしいと伝えている。
すなわち、子どもの頃に教わったこと...「ウソをつかない」「人を裏切らない」「明るく元気に」
「約束を守る」「時間を守る」...などなど...

それだけで十分。それが「正当」の定義。

理不尽なものが横行し、お金という価値に執着してヒトはウソをつく。
そしてヒトを騙す...
正当であればあるほど、生きづらくもなる。
でもね、それで自分がダークな世界に落ちちゃダメなんだよ。
子どもの頃に教えられた「正しい心」を貫ける環境であることが、一番大切だなと。
それが多様な幸せのベースだと思っている。

人生なんぞ一度きりの曖昧なもの。
その中で、どう生ききるかなど、自分の心持ちひとつ。
自分の人生、一点の曇りも無く!を誇りにできるように!

 

  • 投稿者 shibuya

負け戦

2016年05月02日

自分自身、本当に今までの人生、周囲の人たちに恵まれてきたな...とつくづく思う。
別に妙なところへ陥れられることもなく、騙されることもなく、それなりに真っ当にシンプルに
事業にまい進することができてきた。
それが、この1年程度妙な気の流れに捉われ、真っ当さが仇になるようなことも出てきた。
変化をもたらすと、本当にいろんなヒトと出会うもんだし、いろんなヒトがいるんだなぁ...と。
今さらだけど。
そういう場合、負け戦だと解っていても、戦わないといけないこともある。
これも経験。
だからと言って、ヒトを責めることはしない。
そういう状況になった環境には問題があるかも知れないが、ヒトを責めたところで何の解決にも

ならない。
同じ土俵に乗って吠えたところで、同じ穴のムジナ。
真実は一つしかない。
事業でも人生でも同じことだが、最終的に望ましいと考える目的に対して、属人性を捨ててシンプル
に努力するのみ。
その目的とは、関わるヒトや地域が幸せになる利他であって、自分がこう思われたい...などの邪魔

な私利は不必要。
そんなもんが出てくると「自分はこれだけやっているのに!」という、ありがちなくだらない発想

に囚われてしまう。
そんなものに囚われると、人生のダークサイドに落ちてしまう。
これも一度きりの人生。
楽しみましょう!

 

 

  • 投稿者 shibuya

震災...

2016年04月18日

また、大きな震災が起こってしまった。
仕事上では、ご提供しているサービスを安定稼働させていくことや体制を強化することなど
は当然として、お付き合いのある被災地の自治体様にはご連絡を入れたりと...
しかし、こういう時は皆さん忙しく混乱も多いから、本当に必要な連絡以外はしない方がいいし...

個人的には、神戸の時にボランティアで入って、全国からの物資の仕分けをしたけど、
無秩序にバラバラ送られてきても、その仕分けをするためにメチャクチャ労力を要した。
こういう時こそ、秩序が必要か。
そういう秩序に基づいて、各自治体が備蓄の水・毛布・簡易トイレなどの支援物資を送っ
り、
消防、自衛隊、医師、電力会社などが直接支援に入っている。
素晴らしいこと!頼りになる!
TVに移った神戸市職員の言動と表情に感動すら感じた。

こういう時に思うのは、批判も承知で言うなら、日頃からどれだけ社会に対する自分たち
の役割を果たせているのか?ということ。
事業家である私たちは、それはすなわち納税することに他ならない。
いわゆる、赤字を計上して納税していない会社が、社会貢献だと言って、会社のロゴマーク
の入ったTシャツを着て、街の清掃活動をすることに嫌悪感を感じるわけで...
各々の役割の中で社会に対する価値を創り上げ、そしてその結果の税金が、こういう有事の
際の原資になっていると思えば、心を寄せて支援の気持ちを心の中で持ちながらも、私たち
の役割をキチンと果たしていくことが大事だと思う。

被災された皆様へのお見舞いの気持ちを、共に復興していくために、私たちの役割を真剣に
果たしていくという行動に変えていきたい。
今まで以上に、気持ちを引き締めて!


 

  • 投稿者 shibuya

新卒8期生!

2016年04月11日

4/1入社式で当社にとっての新卒8期生11名が仲間入りしました。
当社のここ10年の成長は、新卒社員の成長そのものが支えてくれていると言っても過言ではない
と思っていて、まだまだダメな会社に入社してくれて、成長の源泉としてがんばってくれて、
本当に感謝しかない。
そして今年も、また新しい仲間が増えたことに感謝。
入社してくれてありがとう!
苦労は間違いなくかけると思うけど、楽しんで欲しい。
 



 

  • 投稿者 shibuya

自治体向けサービスとインターネット

2016年02月24日

私が自治体のお仕事をさせて頂こうと、飛び込みであっちこっちの自治体に行き始めたのは、1998年ころ
だったような。
なので、もうかれこれ18年前か...
当時はまだ30代前半~半ば
あの頃、インターネットの事業を開始し、これは社会が変わる!という気持ちで取り組み始めたけど、
自分のダメさや市場の規模含めて、全くうまくいかないころ。
で、自治体へ行って「貴市の情報発信を!」みたいな提案をするんだけど、「そんなことしたら市民から
問い合わせ増えるし、庁内の不満も多いからムリや」と、毎回のように断られ続けた。
まだまだうちのような超ベンチャーが、自治体とお取引をさせて頂ける時代ではなく、少し小さな案件を
獲得しても、基幹系の導入・運用している大手さんから、あくどい嫌がらせを受けたり(笑)

だけど、21世紀は「インターネット革命」「情報通信革命」だと信じて疑わず、その前提はインターネット
が持つ思想・仕様・文化などの側面、すなわち「オープン」「インタラクティブ」「フラット」「シェア」

「コミュニティ」「スピード」「グローバル」などの要素を踏まえた革命になると考えていて、それは今
も変わ
らない。

そして、そういう社会を「スマート・デモクラシー」と勝手に命名して、そういう時代になるとすれば、
自治体の住民や地域社会への透明な情報発信は不可欠だと考えて、そういう営業をし始めた。
たしか、初めてそういう関係で案件を受注したのは、2002~3年だったような...
悲惨な事件が相次ぎ、防犯や防災という観点も注目され、インターネット全体や個別には携帯メールのよ
うなメディアの特性を踏まえて、緊急時に活用できるというようなサービスが社会から要求され始めたこと
も大きい。

それから時代はドンドン進み、今や「オープンガバメント」や「シビックテック」だとか、「シェアリング
エコノミー」に「インダストリアル・インターネット」など、多様な展開を見せる。

だけど、考えてみよ...
全部、前述のインターネットが持つ思想・仕様・文化などの要素を踏まえているものばかり。
「アラブの春」とか古くは「構造改革」なんかも同様。
すべてのベースにあるインフラストラクチャは、やっぱりインターネットがもたらしたものなので当然と
言えば当然。

さてさて、時代が進んで現代。
私たちは、同じような社会の変化を感じながらも、経済合理性に基づき社会に価値を提供し、雇用を守り、
納税することが一番の社会貢献だと信じて活動している。
自治体向けの営業は、平均年齢30歳の男女20名程度、毎日毎日全国を走り回ってくれています。
税金を使わせて頂くわけなので、絶対に価値のない仕事をやってはいけません。
住民と地域社会にとって、有用なサービスを提供することに、徹底しなければなりません。
サービス事業者としてのアイデンティティを崩してはいけません。

社会とテクノロジーの変化に伴い、サービスやツール、提供方法や調達方法も、変化していきます。
あくまでも自治体からの発注で、誰が見ても公正で実力勝負で仕事はしなければなりませんね。
そんな中でも、私たちは時代が変化しても、ここに書かせて頂いたようなアイデンティティを大切にしな
がらお仕事をさせていただきたいと思っています。
変わるべきことと、普遍的なこと。
惑わされることなく、シッカリと社会に根付いて。
そして、そういう考えを徹底するために、実力をつけないといけません。

まだまだ、インターネット革命はこれから2世紀は続く時代の入り口に差し掛かったばかり。
国家のあり方、行政のあり方、社会のあり方、生産のあり方、生活のあり方、人口動向、働き方、学び方、
遊び方そして生き方そのものが変化するから地球規模での革命って言うんだと思います。
そんな時代に生きていられることが何と幸せなことか...
1980年代から働いて、インターネットやモバイルの前と後を知っているからこそ余計に思います。
そんなな中で、事業家として普遍的なアイデンティティは絶対曲げてはならないと考えています。
頑固だと言われるかも知れませんが、自分たちの信じているものは、正しく貫くのみですね。
 

  • 投稿者 shibuya

日本エンタープライズ株式会社様との資本業務提携締結!

2016年02月18日

本日開示させていただきました。
いろんな方のご縁から、東証一部の日本エンタープライズ株式会社様との資本業務提携を締結

させていただきました。
本当に感謝しかありません。

安定的に株式も保有して頂けるとのことで、これから長きに渡り共に企業価値向上に向けて

尽力していくことができると確信しております。

当社が目指す成長を実現させるためには、一社だけのリソースではやはりスピード感に限界

もあります。

増え続けるアプリ開発におけるボリューム対応やネイティブなところまでシッカリと網羅されて

いる技術力。

さらには、IoTの世界への対応や地方創生を踏まえた自治体向けサービス開発力など、お互いに

補完し合いながら、新たなサービス展開へと繋げられると考えています。
ご縁に感謝!
シッカリ形にして参ります!
 

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80522/c8e1a6cc/b3ed/49be/a7c9/1f673cd83088/140120160218416890.pdf

 

  • 投稿者 shibuya

ページ