ブログの渋谷

スポーツ×ICT×共感×にぎわい×デジタルなまちづくり

2019年12月12日

当社クラウドセグメントの事業は大きく「デジタルガバメント」「モビリティ・サービス」の2つの領域
に区分しています。
これらの延長線上にあるのは、いわゆるスマートシティ・スーパーシティなどの文脈であり、まちづくり
のデジタルトランスフォーメーションとも言えますね。
これからの人口減少、超高齢化社会の到来を踏まえて、行政が担うまちづくりの戦略は非常に重要となり

ますが、なんだかんだと言っても結局は「にぎわいの創造」「人口増」「人気がある」「ブランディング
出来ている」・・・などの要素が大切だなぁと思います。
消費の傾向が変化する中で、ヒトが活性するとか、ヒトが動くとか、ヒトが共感するとか、コミュニティが
醸成されるとか、そんなことが大事なんですね。
そういう意味では、地域にスポーツとかイベント、お祭りとか、観光資源の創造とか、そういうところの
主体者として関わらないと、簡単に「まちづくり」なんて言葉はよそ者が使ってはいけないなと。

そういう次代の事業基盤の創造を踏まえ、いろいろと活動しているのですが、スポーツの市場ってある
意味ではブルーオーシャンな要素がたくさんあって、且つまだまだ価値を創造できると感じています。
そしてその価値とは、スポーツ単体ではなく、まちづくり全体像の中に有機的に組み込まれることで、
より活性すると確信できています。
DBJさんの「スマート・ベニュー」が近しい考え方かもですが、オーナーの道楽とかではなく、スポーツ
やエンタメは、観光資源であり、まちのブランディングであり、そのためのベニューはまちのアイコンであり、
シッカリと事業として捉えることができると思いますね。。。
そんな意志を持っていろいろと関わっていくと、スポーツ団体の支援や運営などにもお声掛けを頂くの

ですが、それらはすべて当社の事業領域創造のため。
これからイノベーションが起こせる分野だと思ってますので、シッカリ取り組んでいきます!


 

  • 投稿者 shibuya