ブログの渋谷

2018年!

2018年01月09日

新年あけましておめでとうございます!
といっても、すでに9日経過して、完全に仕事モードですので、ちょっと遅くなりました。。。
2005年から書いているので、もう13年目!
なんでも続けてみるもんですね。

さて、そんな2018年。
世の中を見れば、混沌として、先行きに不安を覚え、未来に期待できない世相。
グローバルには右傾化、格差、対立、分断、排除・・・と、未来に期待できないから、今得るものを
得たい。。利己主義に走る結果、国粋主義的な方向へ陥る。
いや、国粋主義自体を批判するわけではありませんが、それに排除の論理が色濃く影を落とすことに
危惧を感じますね。
2018年は我が国においては、明治維新からちょうど150年目。
わずか3,330万人だった人口は、2008年の1億2,808万人をピークに減少に転じている。
減少には転じていても、そもそもわずか150年で3.8倍にまで膨れ上がっていて、同じく世界人口は
この150年で13億人から73億人へ5.6倍の増加!
よく言われる議論ですけど、人口は増えるが地球は当然変わらない。
いろんなものが生み出されようとも、すべての資源はこの変わらない地球上のものからしか生まれない。
しかし、消費する人口がこれだけ増えているわけなので、限られた資源の奪い合いが起こる。
そういった要素も含めた未来への不安でしょうね。
日本では人口減少、高齢化、成長できないという不安。
そしてグローバルには、2100年112億人まで、まだまだ膨張を続ける人口問題における奪い合いの不安。
そしてこれらの不安から、人間は許容や利他を忘れ、利己的になり、排除の論理を渦巻く。
自分たちを守るために、強権を発動する。
まぁ、よくいますよね。。。そういうダークサイドに堕ちたヒト。。
それと同じロジックが、グローバル社会で起こっているようにも感じています。
(いくつかの視点では、今まで巧妙に奪い合いの論理を人々にわからないように展開してきたものを
露呈させ、明確にノーを突きつけていると感じるものもあるので、すべてが現状の指導者達が悪いとは
思っていませんけど)

私たち日本企業は、世界のそういう流れに対しても、やはり自分たちらしい成長感を持ってチャレンジ

したいと思っています。
2018年からは、当社もそういう大局観を持って歩みを進めたいですね。
未来への不安を払しょくし、未来を信じ切ることが一番大事。
次の世代の人たちに、しっかりとバトンをつなげられるように!
そしてそのためには。。

●利潤を得ること自体は現資本主義経済の中では問題はないが、ポイントはどうやって利潤を得るのか、

どう考えて得るのか?という理念にある。
そして、その利潤の再分配という意味でも、雇用と納税の義務をしっかり果たし続けることが大前提。

●テクノロジーの力で、本気で構造的な社会課題を解決していく!という強い信念に基づいた事業展開と
そのことにどれだけワクワクとクリエイティブになれるか

●利他の心

●ヒューマニスティック(人間主義)な社会を信じ、人間愛を大切にしようとするマインドセット

2018年の年頭所信では、このような内容を社内に周知しています。
2015年の上場から3年を経て、基盤を固めるという意味では、本当に頭が下がるような現在の役員・社員
の皆さんのおかげで、一歩ずつ進んできています。
この次の3か年では、ストイックさは残しつつも、もっとワクワクと攻めてみたいですね。
徐々にそれができる組織になってきたと思っています。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます!

 

  • 投稿者 shibuya