ブログの渋谷

「氣」

2017年12月18日

「気」と「氣」には違いがあると聞いたことがあります。
結論的に言えば、私が普段使うのは「氣」の方で、中が米ですね。
この「氣」を使う言葉は、ほんと山のようにあって、お天とさんの氣で「天氣」
氣の温かみで「氣温」

人の氣で「人氣」
氣の品格で「氣品」

勇ましい氣で「勇氣」
その他にも、「根氣」「短氣」「病氣」「活氣」「元氣」。。。
まぁいくらでもありますね。

よく日常生活でも、この「氣」の流れを観察したり「氣」を呼び込むことを意識したりも

しています。
この世の中には、間違いなく「氣」の流れがあり、それが人の社会や個々の人生に影響を与え
ていますね。
なので、この「氣」を意識することって、見えないものだし、なんとなくスピリチュアルな感じ
もあるし、良く解らないので見過ごされがちだけど、とても大切だなぁといつも考えてます。

「氣」は、米という字で、米という感じは穀物の穂と種ですから、エネルギーそのもの!
この旧字の「氣」とは、エネルギーが湧き上がっていく様を表現しているそうです。
古来より「氣」という不可思議なものの存在は理解されてきたわけで、今さら信じないもない

でしょう。
「氣」をコントロールというと、おこがましいにもほどがあるので言いませんが、できればそれを
呼び込めるような生活習慣を大切にし、良い氣の流れになるような心持ちで生きていきたいですね。
結局は、自分の日常的な振る舞いや言動、意志の強さみたいなものが影響しているんだと経験的に
感じますね。

 

  • 投稿者 shibuya