ブログの渋谷

生き様

2005年12月05日

〝生き様〟という言葉を最近良く使うようになった。
何となく壮絶感と重さのある響きで且つ誰にもさほど違いなく意味合いを共有できる単語である。
「自分は仕事に生き様を照らしているか?」
「自分の生き様は他者に影響を与えられているか?」
答えは、全くNOである。
そんな次元には程遠い。
リーダーがこんなことだから、本質的に変革を担い、組織の外の変化に対応できる組織が育っていないのである。
口先だけの議論は不要だ。
人として、生き様と真剣に向き合っていない、甘えた影響力も必要ない。
ギリギリまで生と戦わなければ、本当の成長は勝ち得ない。
  • 投稿者 shibuya