ブログの渋谷

新卒新入社員

2013年04月06日

4/1、当社にも今年も6名の新卒新入社員が入社した。
これで、新卒採用を始めて5年目。
ここまで、25名が入社し全員ががんばってくれているのも嬉しい限り!
その中から初の結婚する社員も出てきた。しかも社内結婚で(笑)
いろんな「縁」が育まれていく。
もちろん、中途入社や既存社員も含め、全社で歴史が刻まれていく。
そんなことが、もしかしたら一番の正義なのかも知れないな...

今年の新入社員にはいろんな話をしたが、当社のフェーズと相まってこんな特徴的な話をした。

「自分が正しいと思うことは、常に正しいと信じて議論して欲しい。既存の組織や上司の言うことがすべて正しいと思わなくて良い」

上司にとっては嫌な言い方かも知れないが、まぁ能力があり人間的にシッカリ成長している上司であれば問題はないはず。
案外社会人歴が長くなると、学生の頃までに保っていた純粋な正義よりも、社会の中における、理不尽・成果・コンフリクト・トレードオフ・評価...その他諸々の価値観に触れることで、適度な処世術が身につき、純粋な正義を失い、ダークサイドに落ちてしまう場合もある。
なので、新卒新入社員には、私たち社会人が普通だと思っていることや、諦めてしまっていることについて、常に「それはおかしい!」と言える視点を持って欲しいと思っている。
と同時に、しっかり議論することで自分なりに価値観を醸成したり、甘えを排除したり、良いバランスの社会人になって欲しいと思う。
正論を吐けば吐くほど、コミットを強くしていなければ、ただの文句言いに落ちぶれてしまうわけなので、しっかりコミットした上で提案・意見を常に意識し、組織の変革及びカオスを持ち込むことに一役買って欲しい。

まぁ、自分も若い頃、チョー生意気だったわけで^^;
でも、言えば言うだけ自分の能力の無さを恥じ、結局努力する。
だって、口だけならほんと文句以外のナニモノでもないし、コミットし成果を残すためには、自分の力がなければそもそも話にならない。
成果も残せず、ただの弱い人間が、ああだこうだと言ったところで何の説得力もなく、ただの文句。
人としてこれほどカッコ悪いものはない。
みんなにはそうならないように、言うことは言うし、やることはやれる人財に育って欲しい!


  • 投稿者 shibuya