ブログの渋谷

2012年大晦日

2012年12月31日

今年も大晦日。
この日記的なブログも、これで7回目の年越し。
2005年から、当社の変革とずっと一緒に書き続けてきた。
毎年、大晦日はその年の振り返りで、同じようなことを書いている。
会社として2012年は、どうだったか。


年頭の所信では、以下のような方針を示した。

(1)更なる事業の選択と集中
(2)営業対象エリアの拡大とグループ全体のリソースを生かした事業プランニング
(3)フィロソフィーの体現、価値観の共有
(4)2006年から続けている大枠での改革活動の集大成としての会社体制の構築
(5)21世紀を永続できる社会の公器になる!の本質に近づくための活動推進

で、実際どうだったかというと。

(1):派遣事業の売却や創業の事業の譲渡など、ある程度コアコンピタンスの明確化が進んだ。
(2):東京事業所の強化とデータセンターをコアにしたIaaSやPaaSへと全社横断型での事業展開が進む。
(3):日々日々の考え方においてブレることのないよう価値観を表現し、評価制度にもフィロソフィーの体現を目標設定とした。
(4):社化の実現
(5):ガバナンス強化プロジェクトの推進

まぁ、ほんといろいろ大変なことはあったが、それでも年頭に考えたことはある程度実践することができた。
経営者は有言実行でないと。ウソはつけない。

それにしても、今年は例年以上に激動だったなぁ...
まぁ毎年毎年負荷が高くなることは当たり前で、それは成長のためにありがたいこと。
2013年は、今年以上に全力疾走だろうな。
そういう環境があること自体が、本当に幸せなことで、その枠組みを司っている社員全員に感謝。
お取引先や会社に関係する皆さんに感謝である。
チャレンジする環境こそが、ヒトを強くする。
私たちはまだまだ成長しなければ。
そのためにも、超えるべきハードルが眼前にあることが幸せなことである。

また個人的にも、決めたことにチャレンジができたし、子どもたちもがんばった(笑)
自分は大学院修士課程への入学や大学での講師、本の出版など、長男はバスケットでインターハイ・ウインターカップへの出場に大学合格、次男はミニバスでキャプテンになり、相変わらずお笑いの道へ突き進む^^;
まぁ、みんなチャレンジしているな。

2012年大晦日。
みなさん、本年も大変お世話になりました。
2013年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

  • 投稿者 shibuya