ブログの渋谷

2012年もあとわずか...

2012年12月30日

実は毎年毎年このブログを見直すと同じようなことを年末は書いている(笑)
恒例の大晦日一年の振り返りは明日書くとして、今日は来年に向けての意気込みを!
というほどたいそうなもんでもないんだが、2013年のキーワードは「自律」と「盛り上がり」

自律とは自らを律するってことで、多くの20~30歳代の社員が、成長というキーワードと共に、それを望んでいる風な話をする。
がしかし、実は自律ほど厳しく難しいものは無い。
ちょっと勘違いすると、自分に甘くなってすぐにダークサイドに堕ちてしまい、結局は言い訳と他責に終始することになる。
自律を実現させるためには、目指すべき目標をしかるべき目的に沿って行動するための、欲求の定義が必要だ。
「○○○だから、これをやるんだ!」という強い意志と覚悟。
そこが曖昧だと、結局口先だけの甘ったるい自律になってしまい、目的を達することは絶対にできない。
それを持てないのなら、頭を押さえつけられてでも、強制的にやってもらわざるをえないのだが、そういう人たちにマネジメントや創造的な仕事はできないので、代わりの利く単純労働を従事してもらうことになる。
すべてのヒトがそうならないように、私は少しでも可能性のある人たちに、自律心を育める環境や仕組みを提供していかないと。

もう一つの「盛り上がり」は、とは言えあまりにストイックに自律を意識していても、しんどいばかりで、ヒトは自律的に自己実現を目指すにも、その一つ低次の「承認」や「所属」や「愛」の欲求を満たせてないといけない。
なので、「社縁」を大切にして、できる限りの愛情を持って尊敬し、全体で盛り上がって進むことができるマインドを醸成することも大事で、自律との両輪だと感じている。
そういう盛り上がりが育まれることに、少しの会社のリソースを投じることもOKだろう。

2012年は、まだまだここまでは至ってない、極めて管理的で機械的な組織であったと思う。
そこから、少しずつ自律的で有機的な組織に近づけていく過程で、力を発揮するヒトが出てくることに期待している。

  • 投稿者 shibuya