ブログの渋谷

共有姿勢

2012年01月31日

情報共有とか報告・連絡・相談とかって、いわゆる共有姿勢については良く大切だと言われるけど、これを業務としてきちんとやれる組織(もっと言えば業務も超えて人としてやれる組織)と、なぁなぁの中で中途半端にしかやれない組織がある。
共有姿勢がないって言うのは、根本的な甘え以外何でもないので、強制的にやりなさい!でいいのだが、一応少しだけ融通を効かせて「なぜやらないのか?」を考えてみたら「なぜやる必要があるのかを感じるセンスがない」に尽きるように思う。
なんか、当社の恥を晒しているみたいだけど、実際に組織の統治が甘く、こんな社会人としての当たり前をできない組織がまだ存在していたりもする。

じゃあ、なぜやらないといけないのか?
業務をスムーズに行うため?
まぁそれはそうだが、各論過ぎて本質はそこではない。
組織統治上、上長への報告義務が定められているから?
それも社会人としての常識なので、そうなんだけど、そこも本質ではない。
私が思っているのは、「周囲に自分を信頼してもらうため!」が本質だと思っている。
物事なんでもそうだが、何か隠し事をしていたり、自ら積極的な共有姿勢を持ってない人は、どうも信頼できない。
信頼できないから、仕事がスムーズではないって言うロジックの方が正しいように思う。

周囲に(上司も同僚も部下も...もっと言えば社会に対して)信頼される自分になるには、積極的に自らをさらけ出して、共有意識を持って仕事に取り組むこと。
心を開くのは相手ではなくて、自分が先にやるべきって考え方だ。
もちろん性格的に姿勢の強弱はあるが、それはそれでOKで、その人なりの共有姿勢、努力が見えれば、相手には響くもの。

この共有をしない人、オープンマインドを持てない人ってのは、ほんと人生大損だろうなぁ~
共有できない人が周囲から信頼されるわけもなく、もちろん仕事を任されることも無く、魅力的な仕事に着くこともなく、結果として報酬を得ることも無い...なので成長もしないので、周囲に対しても言い訳、文句の人生を歩み、誰からも会社人として尊敬されずに死んでいく。
もちろん中途半端で未成熟な組織の中で、お山の大将として振る舞うことは可能かも知れないが、そんな戯言長く続くわけもないし、そういう組織が許されている会社なら、早かれ遅かれ市場から退場させられるだけ。

ウルトラCをやれ!と言ってるわけでもなく、ちょっとした自己努力で解決する共有姿勢なんてものが、自分の一生を左右していることを感じ取れるセンスが無いって言うのは、ほんと残念だし、直属の上司なり同僚がそういうことを指導、指摘して上げられる組織でないと、結果的に皆が不幸になるんだよなぁ~

これ、もう一歩踏み込めば共有姿勢を持った上で、共有するための媒体をどう活用するのか?っていうリテラシー論まで本来は進んでないとダメ。
いわゆるソーシャルメディアリテラシーってことだ。
当社のような組織では、ほんと早急にそういったリテラシーを育む体制と手法が大事だなぁ~

今回はちょっと愚痴っぽかったけど、21世紀生き残れる会社の条件だと思っているので、少しずつだけど育んでいきたい!


  • 投稿者 shibuya