ブログの渋谷

Facebook

2011年10月10日

このところずっとFacebookへの投稿ばかりで、こちらが寂しくなっている(笑)
まぁ、誰でも読めるんだし、ボチボチ更新していきます。
それにしても、かなり以前にはクローズドなSNSで活動はしていたけど、fb始めてからまた世界が広がったなぁ~
1995~6年当時の、news groupsから始まり、オープンMLでのコミュニティ、Blogやfbへと、コミュニティの場とアプリの機能は変われど、一貫していることはIP技術・仕様・思想に基づき、社会共生力を生み出すコミュニティであるということ。
IP以前には、絶対にできなかったことで、情報収集力の早さもだが、それに付随して価値感やセンスもインタラクティブにやり取りされ、それによって育まれる社会共生力。
私の場合には基本すべて実名なので、mixiなどはあんまりやらなかった。
ネットコミュニティが発達することは、21世紀の情報通信革命期には当然の流れ。
そんな中でオープンに振る舞いながら、情報収集や価値観の共有を進め、社会共生力を養うということが、ソーシャルコミュニティリテラシーと言える。
隠したり、逃げたり、必要以上に自らの個人情報を防御したり、伝えることを面倒くさがったり...こういう考え方では、21世紀は戦えないんだ。
この社会共生力が発展することで、ソーシャルコミュニティ時代の新たな民主主義が発意されるんだと思っていて、現代そういうことを発信できる人物こそが、21世紀の哲学者なんだと思う。
この民主主義の変化を、"スマートデモクラシー"と私は呼んでいる。
どこかできちんと理論を整理したいと思っているのだが、ジャスミンも米国の大規模デモも、全てはこの流れの中で起こっていること。
ただし、それはまだまだ未熟な段階。
本当のスマートデモクラシーを無血で実現できるのは、日本しかないと思っている。
そんなことを考えながらも、日々のfbではバカなことを書いてるんだけど...(笑)
また、どこかでじっくり整理して発表したい。

  • 投稿者 shibuya