ブログの渋谷

挨拶番長!

2011年09月05日

当社には人呼んで"挨拶番長!"と言う社員がいる(笑)
「大きな声で挨拶しよう!」って、毎朝言い続けられる人なんて、なかなかいないもんだが、この社員(20代男子)たぶん毎朝朝礼で言ってる様な...
なんでも「東のディズニーランド、西のSDVを目指す!」ってことらしい。
最初のうちは「アッそう...」的な社員も多く居たが、なんだか最近みんなの挨拶のトーンが違ってきている。
大阪本社のフロアは約60人程度が執務しているが、徐々に浸透し始めてるんじゃねぇ~か^^;
"挨拶番長"なんて、昭和な香りのするネーミングも実に良い(笑)
そもそも挨拶を大きな声でしましょう!なんて、小学生の時に習うこと。
それが、大人になって、社会人になってできないってのは「かっこ悪い」「恥ずかしい」「自信がない」「くだらんプライド」「勝手な甘え」...たぶん、そんなとこだろう。
だって、誰だって大声で挨拶するってのは、その気になれば必ずできることだ。
みんながやり始めると、いつ出社したのかいつ退社したのか、ボソボソ...コソコソ...って感じの社員は逆に目立っちゃって、おもしろいもんだ。
そう言えば、今春入社の新卒社員も毎日毎日大声で「おはようございます!」「オツカレサマでした、お先に失礼します!」と春からずっとやってくれている。
挨拶番長に、新入社員たち。こんな社員がいる環境で、気づきを持って変わろうと思えないなんて、慣れちゃって保守的になってるソコの既存社員たち、そりゃアカンやろ(笑)
それにしても「オレがこれだけやっているのに、みんなは...」なんて、普通は思っちゃうもんだが、そんな素振りは一切見せずに凡事徹底で毎日継続して、少しずつ周囲を変えていくこの力はスゴイもんだ。
結局は周りを変えようと思うんじゃなくて、自分が変わるしかないってことだな。
こういう社員がいることを誇りに思う。と同時に、知らず知らずにうちに私の挨拶のトーンもアゲてきてるよぉ~^^;

  • 投稿者 shibuya