ブログの渋谷

知識経営へ

2011年07月03日

当社グループの平均年齢は現在32歳。管理組織内の社員数は220名程度。
グループ全体では数名の50歳代の社員もいるが、管理職は30~40歳代であり、最年少管理職は29歳と、中心はこの年齢層が担っている。
という事は、今後20年程度は定年による退職者はわずかしかおらず、中核層が年齢を重ねると共により強固な存在となり、現在の20~30歳代のスタッフ層が中堅へと成長するというフェーズ。
当然毎年新卒採用を行っているので、着実に若手が増えていく。
なので、現社員の報酬増と新人の採用で会社の規模感は大きくなり、20年後には人件費だけで4億円程度の固定費増となっている見込みだ。
これを"コスト"だと見れば「きついなぁ~」と思うんだろうが、"知識生産の源"と思えば、「可能性が断然大きくなる」と考えられる。
2010年、私たちはようやくスタートラインに辿りついた。
会社の事業ドメインを整理し、最低限の管理体制まで追いつき、これからガバナンスの効いた組織体制を育みながら、知識経営による付加価値の最大化を目指すことになる。
知識やナレッジと呼ばれる資源は、人に根づく。
だからこそ、それを活かすためには人が継続して働きたくなる環境が必要だ。それも福利厚生を手厚くするなんて甘い環境ではなく、「知の源泉が人間の強い信念や思いにある」と言うことを浸透させるという意味での環境だ。
終身雇用とは、ある側面だけでみれば崩壊したとみなされるが、それはコストだと考えるからで、環境・育成・対価・共有・オープン...こんな必要な要素を浸透させながら、能力主義の上で必然的終身雇用を育むことは絶対に可能だと信じている。
キャノンには有名な「三自の精神」が受け継がれている。
すなわち「自発:何事にも自ら主体的に取り組む」「自治:自らを管理する」「自覚:自らの置かれている立場、役割、状況をよく認識する」である。
こんな精神が浸透しているからこそ、知識経営が可能なんだろう。
私たちも20年あれば絶対に可能だと思っている。
私がまずは10年間、そして次の世代が10年で20年後だ。

※今回は、名著「イノベーションの本質」より引用数ヶ所アリ

  • 投稿者 shibuya