ブログの渋谷

優秀な人

2011年05月11日

「優秀な人」「できる人」って世の中には結構いる。
もちろん100%完璧なんて人は難しいが、何かの切り口で優秀であったり、全般的に平均以上の能力を有していたり...
では、そういう人ってどうやっって優秀な人材になれたのか?

これっ答えは絶対に一つ!

"トコトン目標に向けてシンプルに努力する"ことをやり続けられるっていう才能・素養・強さを持っている人

ってことだ。

この「努力を継続できる才能」って言葉には深い思考がある。

・まず明確な目標が持てるってことの大切さ
・本質とは関係の無い個人のくだらないプライドなど欲求が邪魔をしないシンプルなプロ意識
・やり続けるだけのモチベーションの源泉を心の中に持てる覚悟の強さ
・これら全てを素直に信じきれる純粋な心

もちろん、論理思考や情報収集術、コミュニケーション能力、そもそものインテリジェンスなど、この過程に影響を及ぼすものはたくさんあるが、それらはあくまでも速度を上げるためのパーツに過ぎない。
そういうものがいくらあっても、「努力を継続できる才能」が無ければ全く無意味であり、場合によっては逆に胡散臭く、人を騙してしまうツールになる場合すらある。

目に見えて「成長した」と感じられる人材は、皆このような才能・素養・強さを見せている。

モチベーションの源泉はどんなことでも良い。
見栄でもいいし、金でもいいから知れない。
あまりのコンプレックスや、怖がりってことが源泉になる場合も多い。
もっと高度な自己実現の欲求なら言うことはないし、死生観に繋がれば怖いものは無い。
いずれにせよ、自己の感性に紐ついて揺るぎの無いものであればあるほど、この源泉は磐石だ。

まずは何事も継続である。
「凡事徹底」とはそんな成長のためのツールとして捉えている。
努力を継続できる才能・素養・強さを今一度私自身も考え抜いてみたい。


  • 投稿者 shibuya