ブログの渋谷

愚痴

2011年03月26日

私が自責だと思って、何でも自分が悪いと言う考えから、社員に問題提起しなかったり、怒らなかったりすると、社員はいつまで経ってもそのことについて、自分たちの問題を理解しない。
ならば、私は自責だと思いながらも、社員に理解してもらいたい要素を注意をすると自分の心の中にある「ほんとは会社がきちんと枠組みを作っていれば、こんなことを注意する必要も無いのに、整備できてないことが多いから申し訳ないなぁ~」と思いながら厳しいことを言ってるので、精神の疲弊が酷い。
社員は、もちろんいろんな性格の人間がいるので、私が怒ったり注意したことを、とても素直に受け入れられる社員もいれば、常に自己を肯定化し自分は悪くない!のスタンスを取る社員もいる。
前者の社員は素直な分成長も早いが、あまりに正直すぎる場合が多い。
後者の社員は常に斜めから物事を見て、他者否定と言い訳から入るので成長は遅いが、社会の中で生き抜ける術を自然と身につけるケースがある。
これはどっちがいいって話ではない。
でも、特に後者の社員と対峙するのは一時的なパワーがいる(笑)
今日は私の内面にある空しい愚痴を書くことにした。

正直かなり疲れた。
私は元々酷く臆病でちんけなヤツだ。
「オレがこれだけやってるのに...」
「誰かに褒められたい..感謝されたい」
そんな我欲がどうしても出てしまうから、いつまで経っても疲弊する。
では、そんなに仕事しなけりゃいいやん...それができれば苦労はないが、事業はすべて自分の責任なので、任せられる状況にまで成長した事業は問題ないが、そうでない黎明期の事業はやはりそういうわけにはいかない。
これは社会の中での会社の目的を達するため、皆が10年後20年後の米を買うためには、絶対にやらなければならん。
そういう強い目的達成意欲が、また自分を苦しめる。
結局は目の前にある負荷に耐え続けて初めて成長を手に入れることができるってことだから、自己実現の欲求のためには我欲を超えて疲弊に打ち勝つしかないってことか。
元来、それが自然にできるようなイケテル人間ではないので、10年以上この状態を続けていると、さすがに疲れた。
この我欲から解き放たれる、別世界の精神の有り様は無いものか...
仕事に集中しすぎて相反する関係から自分が安らぐ場所も失いそうで、何か頼れるもの、心が安らぐ時間が欲しい。孤独がツライなぁ~(笑)

こんなにイケテナイ自分は、自己に負けてわがままで我欲の塊のようなオーナー経営者に落ちぶれるのか。
ここは踏ん張りところか。
何か大きな視点から、自分の軸を強め弱さを打ち消すロジックが心の有り様に必要だ。

先日の若手社員の言葉。
「自分の弱さを隠すために、強がっているんです...」
良くわかる。我慢と忍耐は尊い。
上っ面だけの優しさ、我慢もしない身勝手と自由の勘違い、甘えだらけの馴れ合い...そんな感性からは何も創造されない。
そういうことが嫌いなクセに、そこに引き込まれそうになる自分の弱さを恥じる。
もうちょっと強がってみるか...


  • 投稿者 shibuya