ブログの渋谷

お相撲の話と

2011年02月10日

八百長で世の中を騒がせている相撲協会。
でも、昔から7勝7負の力士が千秋楽になぜか勝つなんてことは、相撲をよく見ている人なら大昔から常識ですよね(笑)
たぶん、昭和の頃ならこんなにも大事にならなかったんだと思うけど、今は時代がこういう不正などを許さない!既得権益で利益を得ている連中を許さない!と言う風潮が非常に強いので、ちょっとかわいそうな気も...
そういう時代背景なのに、ケータイで普通に八百長の連絡をしていた脇の甘さは問題だろう(笑)

でも考えてみればそういう脇の甘さや昨今の相撲協会の諸々の問題は、ひとえに守られ続けた組織であり、既得権益によって成り立ってきた風土そのものが原因だ。
これって、普通に世の中にもある話。
会社でも既得権益に守られ、それを守ることばかりに注力しているようなところは、変化しようとする意思が希薄で、負荷への耐性が無く、そこに集う人たちが成長していないケースが多い。
高度経済成長の頃から時代も変わり、内需においてこの既得権益に守られてきた会社も、徐々にその市場が縮小し始め崩壊するケースも出てきた。
いざ、既得権益に守られた市場が縮小してきた時に、新たな市場へ船を漕ぎ出そうとしたところで、社内にはそんなことが出来る風土も人財もいない。
なので、縮小する市場を必死で守ろうと、くだらない論理で強権発動。
相撲協会のあがきに似ている。

世の中に多くある既得権益なんて、内需での中小企業の世界がほとんど。
内需は人口減・消費減・ビジネススキームの構造変化などにより、これからもドンドン縮小していく。
それなのに、どうせ長くも続かない既得権益にしがみつく姿勢がどれだけ儚く愚かか。

相撲協会も1年くらいかけて自ら既得権益を手放し、真の自らの力だけで運営するようなスタイルに転換するしかないだろう。
すべては自責の中にあるという運営スタイルに。

  • 投稿者 shibuya