ブログの渋谷

2009年大晦日

2009年12月31日

今年も大晦日を迎え、無事に乗り切ることが出来、それなりの結果が残せた。
関係するすべての方々に感謝!
とかってキレイ事言ってても、仕事では勝負しないといけないことも多いし、価値観が合わないことや、排除すべきことだってある。
そう思えば、今年1年もまたたいそう恨みを買ったなぁ~ってしみじみ思う。
こうやってしか成り立たたないところは、自身の不徳と過去からのしがらみやらだろうが、少々身を削っても絶対に通さないといけないことはある。
まぁ今の段階の当社での社長の仕事はそういうところかも知れないし、優柔不断で信じる考え方や方針がいつもブレてるような社長で成功している会社なんか見たことがない。
ある面では嫌われ、憎まれ、恨まれ...それでも通すべきことと結果だけにはこだわる。
それが社会の公器としての役割を果たし、会社の目的を達成するために必要なこと。
そりゃ、判断を間違うこともあるし、俗人的な好き嫌いや欲が相手に伝わって悪い関係になることだってある。
そんなの人間なんだから当たり前で、そういうこと全部を受け入れるってことだろう。
でも、そうは言っても身を削ることは、人間なんだからしんどい時もある。
そういう時、いつも信じてついてきてくれている社員や関係する方々には、本当に助けられてきた。
感謝って言うのは、本当にそういう人たちに向けて感じることだ。
また、感じるだけじゃなくて、その感謝をリアルに結果に変えて、有形無形の必要な価値として報いることだ。
この気持ちがお互い様や利他の精神であり、社員には対してはESの根幹だと思う。

大晦日を迎えて今年1年を振り返り、そういう人たちのことを思い浮かべながら、一人ひとりに感謝を具現化するために何を成すことが私の責任かを改めて考えてみる。
こういう時間を多く重ねることが、大切なことだ。
  • 投稿者 shibuya