ブログの渋谷

気づけば、今年もあと少し...

2009年12月28日

2009年も残すところあと3日!
会社は取り合えず明日までだけど、店舗は年中無休なので、当社は全体では変則な休みになる。
私は取り合えず、年末休ませてもらい、1/2に始動しようかなぁ~っと。
年頭所信をじっくりと練るんで、年末休みったって...って話なんですけど^^;

それにしても、今年も激動...いろんなことがあった。ふぅ~って感じ。
結果的には、当社理念や行動指針に合わせて、現時点で可能な一定の成果は出せたとは思うが、まだまだできることはたくさんあるし、課題も山積。
ノンビリしたこと言ってる場合じゃないですね。
世間は厳しいとか言ってるけど、その割には猛烈に働いている人って少なくないか??
高度経済成長の時代を支えた先輩方は、ゴチャゴチャ抜きに猛烈に働いていたと思う。
休みも今より少ないし、労働時間は長いし、守られてないし、パワハラなんて当たり前だったし...
そんな強い負荷の中で仕事を叩き込まれた先輩方が支えたこの日本を、中途半端なゆとりと論理でおとしめてはアカン!
明治維新は、欧米列強に植民地にされる!と言う危機感から、昭和の高度経済成長は欧米のようなもっと豊かな暮らしを!と言う希望から、この国が一体となったことで実現できたことを考えれば、今の時代はどこに御旗を立てればいいのか...
実は、その当時と同じくらい、イヤ見方によってはそれ以上の危機が忍び寄っているのに...本当に我が身に降りかからなければ、行動できないのは世の常か。
徐々に熱しられた湯の中の蛙とおんなじだな。

まずは、自分たちとしてどうすればいいのか?
会社の中でたくさんあるやれることや課題解決を、徹底してやっていく!
お世話になっているたくさんの方々への感謝を忘れずに。
その基本は、明るく元気出して!
悲壮感を漂わせても結果は同じ。どうせなら退路を断った潔さから、笑かすくらいの明るさでいた方がいい。
今年は、そう思えるところまでは来たし、会社も基盤がある程度整備されてきた。
来年からはリアリティのある行動を起していく時期。
変なテンションじゃなく、静かに深いところから「やるだけです!」

  • 投稿者 shibuya