ブログの渋谷

"人財"に関するお仕事

2008年11月24日

当社グループでは2年前に人材派遣業を開始した。
途中いろいろと試行錯誤はあったが、ここに来てやはり最初からの考え方は間違っていなかったと信念を持って言える。

当初派遣事業というと、労働をビジネスにする仕事について、いわゆる人を右から左に、職をもてあそぶ...みたいな違和感を持っていたことは事実。
また、いくらきれい事を言っても、結果としてはそういう仕事に実際なっていたこともあるし、それも含めてマネジメントも試行錯誤だったと思う。

現時点で、なぜ違和感がなくなり、この仕事に信念を持つことができたのか?

・"人財"に関する仕事であるとしっかりと考えれるようになったこと。
・付加価値について、非常に難しいこと=差別化要素が高いこと。
・サービスとかデザインとか、そういうものこそこれからのすべての市場に求められるもの。
・販売職・営業職は特にだが、これからの内需には"人財"が大きな意味を持つこと。
・私達が行うモバイル関連分野は、一生をかけてスキルアップできる環境があること。

そして何より「人財経営」を一つの形として論理が構成できたからだ。

サブプライム以降企業業績の減速が見られ、一部では非正規雇用からカットされている。これは契約なので当然ではあるが、私達はこの非正規雇用の在り方を改革したいし、プロ派遣と言う意味では今まで馴染まなかった販売の仕事の特定派遣も強化したい。

日雇い派遣や、偽装請負などは問答無用だが、いずれにせよここまで規制緩和され続け、語弊はあるが付加価値のない仕事で搾取し続けた派遣業界を変えたいとまで思っている。
私達の行う事業は、人・派遣先・派遣元、そして一番大切なのが市場・消費者のすべてが納得できる事業だと信じている。
単に儲けるだけなら、こんな面倒なことをする必要はないんだろうと思う。
しかし、当社グループの目的でもある、社会に根づき長く継続する事業体でありたいと願えば、この労働に関する仕事に信念を持って取り組み続けることはとても意義があると考える。
先月東京に新たな人財関連事業体を設立した。
まだまだ力不足でもあるし、悔しいこともたくさんある。
しかし、そんなのは当たり前で、自分たちの考える信念を貫き通せる仕事ができることに意味がある。

これからの国内市場は、間違いなく"人財"が重要なファクターとなる。
それは一時的な雇用の需給なんかに影響されない、本当の価値でありたい。
  • 投稿者 shibuya