ブログの渋谷

大阪本社オフィス移転しました!

2020年05月12日




こんな最中にこれだけは予定変更できず、4/20から大阪本社は新オフィスで執務を
しております。
今は来客も少ないですし、社員も7割程度テレワークになっていますので、まだ活用
する機会が少ないのですが、オープンイノベーションを育むスペースも設置し、
コミュニティを創造できればと思っています!

落ち着いたらぜひお越しくださいませ!

 

  • 投稿者 shibuya

不信に陥らない

2020年04月15日

新型コロナ、罹患者や濃厚接触者、またその疑いとか、実際にいくつかの事案が近しい関係性の中にも
起こり始めていますね。

もちろんこの時期に宴会で飲んでたとかは問題外ですが、気を付けていても誰だって罹患する恐れも、
濃厚接触する恐れもありますから、絶対に差別的な態度を取らないってことをリアルに想像しておきたい
と思っています。
そして、衛生対応をシッカリと行い、あるべき期間が過ぎればキチンと社会活動に復帰してもらう!

絶対に差別的な態度を取らないこと!
正しい衛生対応を取って、根拠もなく怖がらないこと。
疑心暗鬼と恐怖はヒトの感情に眠る攻撃性や不信を呼び覚まし、差別や排他的な言動を発しさせる。
21世紀の社会に生きる私たちは、決してこのダークサイドに墜ちてはならないです。

罹患者や濃厚接触者が一番の被害者でツラい立場なんですよね・・・
悪くもないのに「申し訳ない」と強く感じてしまうんだろうと思いますので、本当に周囲が寄り添って
あげるべきだと思っています。
長期戦覚悟ですから。

 

  • 投稿者 shibuya

携帯電話販売代理店事業の譲渡

2020年04月08日




2020年3月31日を持ちまして、1990年から一貫して続けてきましたNTTドコモ様の代理店事業の

譲渡を行いました。
また、1985年以前の電電公社時代...本格的に自動車電話サービスが始まった1979年から、その
取付・取り外し・修理の工事を、当社の祖業である自動車電装品修理工場で請け負っていましたので、
かれこれ40年以上お付き合いさせて頂いた、現NTTドコモ様との移動無線電話システムの取り扱いが
幕を下ろしたことになります。
1994年には、当社にとって第一号となるドコモショップ岸和田店を開設し、最初の店長として赴任
した当時は、本当に自分がダメなので仕方ないのですが、苦労の連続だったなぁと思いだします。

今現在も利益を獲得でき、当社にとってはこれを譲渡することで大きく減益になってしまいますが、
今回の判断は環境の変化と当社自身の状況などを鑑みれば、必然であるとも感じています。
譲渡先の企業様は、NTTドコモ様の代理店事業一本に集中して、シッカリとした統治と細やかな営業
戦略、さらに従業員を大切にする姿勢で非常に評価の高い会社様です。
大切な従業員を引き継いで頂くのなら、こういう姿勢の会社様しかないと思っていましたので、良い
ご縁になって本当に良かったと思っています。

これまで多くの方に支えられ、お世話になり、またご迷惑をおかけしたことも多々ありましたが、
長きに渡ってこの事業を継続させていただけたことは感謝でしかありません。
本当にありがとうございました!
当社はこのあと自社のクラウドサービス一本で、覚悟を持って経営を行ってまいります。
その覚悟は幹部一同強く共有しています。
またNTTドコモ様とも、販売代理店ではなく新たにアプリケーションやスマートライフの分野で
ご一緒できる日がくれば嬉しいですね。

世の中は新型コロナウイルスにおける感染症対策で大変な時期です。
当社も大きな利益を失うタイミングで、いきなりの難局となりますが、必ず乗り越えていきますね。

関わられたすべてのみなさんに、そして従業員各位への御礼と、そしてこれからの当社を引き続き
ご支援頂ければというお願いを含めまして、ご報告を申し上げます。


 

  • 投稿者 shibuya

社会変革の時間軸

2020年04月03日

ほぼ4か月ぶりですね・・・2005年からなので15年書いてきて、これだけ間を開けたのは
初めてです。
最近はSNSへもあまり書かなくなってきて、ちょっと本質的ではないとか、ネット上だけ
の議論とか、評論家みたいな話とかに空虚さや違和感を感じているので、よりリアルに自分

が直接接点を持てる方々に、本質的な部分が正しく伝わればいいかなぁ・・って思ったり
しています。
とはいえ、こちらのブログはずっと続けているものですし、ある意味では一方的な情報発信
なんですが、それはそれで当社が常にオープンに誠実に透明に情報発信していくという意味

においては必要なメディアだと考えていますので、これからもボチボチ更新していきますね。
って、段取り悪いから非常に多忙で書くことを忘れてたってのもあるんですけど(笑)

さてさてこの4か月の間に世の中は大きく動いています。
新型コロナウイルスによる感染症拡大により、あらゆるものや考えが変質してきています。
4/3時点で、当社内でもいろいろとこれに関連した物事は発生しています。
テレワークを原則としつつも、状況に応じて出勤も必要なので、この辺り組み合わせですね。
コロナについての現状対策に関することはここでは書きませんが、いわゆるクスリやワクチン、
または集団免疫の獲得などで収束したあとの世界観について、元々の持論踏まえたイメージ
を少し記載します。

20世紀の終わりから一貫して言っているのが、21世紀からの2~3世紀は、産業革命以降の
工業化社会における社会の在り方やイデオロギーが、インターネットワーキングやテクノロジー
をベースとして、大きく価値を転倒させる革命期にあると表現しています。
解りやすい対比で言えば、「権威性⇔共感性」「排他的⇔多様性」「クローズド⇔オープン」
「中央集権⇔自律分散」「垂直統合⇔フラット」「パイプライン⇔プラットフォーム」
「自国優先主義⇔地球市民主義」「モノ・カネ・権力⇔コト・時・感動」みたいな思想というか
感性や仕組みの変革が起こっていると思っています。
この革命は、それなりに時間をかけながら、デジタルネイティブ世代が社会の中核になる中で
徐々に推進されていくと考えていましたが、今回のコロナ禍はその時計を一気に進めてしまう
ことになりますね。
あまりこういう言い方はこの状況ではできませんが、いわゆるアフターコロナの世界観でしょう。

世界のリーダーが、このプロセスでどういう判断をしていくのか?
リーダー同士でいまだに罵り合って自国優先を唱えている現状もありますが、もはや市民は
そんな薄っぺらいものには興味もなく、すべてのセクターの本質的な民主化とグローバル化は
進むでしょう。
そういう判断軸を持って、私たちリーダーはこの難局を乗り切らなければなりません。
そして最終的にはすべてが「人間主義」に帰結するように。
現状の経済優先の社会環境でこれを一気に推進することに難しさはありますが、それでもそう
いう判断軸を持って、センスの良い両立を踏まえ、企業経営も社会運営も手掛けていくべきだと
肝に銘じています。

 

  • 投稿者 shibuya