ブログの渋谷

2010年大晦日

2010年12月31日

このブログは、2005年(平成17年)から書き始めているんで、すでに5回目の年越し。
過去の記述を見てみると、その年がどんな年であったか思い出させてくれて、若干しんどかったことを思い出し吐き気がする(笑)
書き出した2005年は厄年でもあったらしく、スマートバリュー(SV)の案件で血みどろになっていたころ...^^;
この年の年末年始は一日も休めなかったように記憶してるし、年末ギリギリまでエンジニアがストレステストに付き合ってくれたり、年始に入っても帰省先から山下さんが毎日テストデータを送ってくれたのを思い出す。
あんな頃から考えると、よくここまでいい会社になったもんだ...(涙)
それがわずか5年の話。
2006年の大晦日には、その年に持株会社制に移行し企業の所有の形を変えたことが大きかったが、私の中では過去30年以上父親亡き後もずっと裏方として会社を支えてきた常務(私の母親)の仕事を引き継いだことの方が大きなトピックだった。
当時は堺市三宝の2Fの狭い空間だったが、SV時代にやってきたとは言え、会社の会計処理・労務・総務・庶務などを一から全て引き継ぐと言う、たぶんあの時やらないと一生できなかったんじゃ...と思うくらいで(笑)
しんどかったけど、現場感はメチャクチャあっていい時代だったね。
何より、何か大きなものにまだまだ守られていた感もあったし、そんな中で殺伐とすること無く、閉塞感や妙なプライドを持つことも無く、素直に希望を持てていた。
この引継ぎ作業から現在のSDVホールディングス管理本部へと変遷していくわけだけど、これもガバナンスを強化し体制を整備するために必要なこと。
この2006年の12月のブログには「2010年なんてあっという間に来てしまう...」みたいなことが書かれている。
いや、マジであっという間に来ちゃったけど^^;
2007年は、ちょうど12月に堺市三宝から現在の大阪市西区靭本町へ本社を移転した年。
これも大きな転機だったなぁ~
62年の創業以来始めての本社移転ってことで、引越し大変でしたね(笑)
自分たちの意識は、モバイル+ICTの方に事業の実態も含めて遷移していってて、創業62年の自動車電装事業である堺電機(SD)は堺市三宝に残ったにも関わらず、SDのお取引先様各位から一番たくさんのお祝いやお花が届いたのが印象に残っている。
先代からの歴史や信頼なんかを強く感じて、それでも縮小していく自動車電装事業をどう立て直すのかってことに、かなり意識を強く持った時でもあったか。
2008年辺りからは、毎年事業に関してはまぁ納得と言うようなことが書かれている。
この年は東京事務所設立とモバイルスタッフ東京(MST)の新設もあった。
MSTは初年度苦労ばかりで、何とも事業上での私の甘さが出てしまったが、でもこの開設を軸として東京での事業展開の足場固めが出来てきているんだから、存在意義は相当大きかったな。
何でも夢想だけしていても始まらない。
現場に出て市場を肌で感じて初めてリアリティのある事業への基礎が出来上がる。
MSTも2期目で黒字化でき、2010年は東京事業はグループ全体で相当展開力を増していくことを思えば、2008年がその為の一歩を生み出した年ってことか。
ドコモショップも1店舗移転をした。
労務面から見て勤務体系などもサービス業としての厳しさを感じ、一段と顧客満足に向けて退路を断ったシフトをしなければと思った頃。
ケータイメディアリテラシー事業としてネットいじめ防止プログラムなんてのも、この年から始まったんだなぁ~
また、この年から実質的に新卒採用活動を行い始めた。
2009年4月に迎えた当社グループの新卒一期生。今も全員が元気にがんばっていて、ほんと無くてはならない戦力になってきている。
そして、新卒を迎えたことで醸成された会社風土と言う意味では、計り知れない効果があった。
2009年昨年の大晦日は、「嫌われ、恨まれ、憎まれ...」みたいな妙に自虐的(笑)
人もドンドン増えて、私を中心とした昔のこじんまりした何でもアリな会社の雰囲気は薄れていき、全体としてマネジメントが管理職に委譲され、私は直接手を下せないイライラもあって管理職には厳しいことを言ってきたか。
この辺から、だんだん私自身の仕事にリアリティが無くなってきていると言うか、這いつくばって泥を舐めながらも現場で結果を残す...みたいな仕事をしなくなってきた。
そして、今年。
東京ではトライアンク(TRK)を新たにグループに迎え、年末には創業64年目のSDを分割し、新たにSDVカーソリューションズと言う会社を立ち上げた。
自動車電装事業をどう立て直すのかってことの解を実現させた訳だが、これも苦難の船出(笑)
そんなに簡単に業務を変える、市場を変える、思想を変えるってことができるはずもない...3年かけてじっくりとやろう!
皆には苦労をかけるけど、当社グループの歴史上ここは譲れない一歩。
TRKについても、2010年はボロボロ^^;
だけど、2011年以降に向けた道筋は見えてきた。
最初から全てがうまくいくような事業は、案外私には似合わないのか(笑)って言うか、人を信用しすぎか...^^;
まぁいいや、結果的には必ずうまくいかすんだから。
事業にはタイムアップがないんで、地道に成功するまでやり続ければ必ず最後にはうまくいくってことが原則で、それを知ってて忍耐力があるかどうかが勝負だろう。

こうやってこの5年間の変遷をブログを読み返しながら辿ることでまた新たな気づきがあったりする。
私は当社の理念にまっすぐに素直に行動できてるんだろうか?
社員は少しでも満足を感じてくれてるんだろうか?苦労ばかりを強いて結局は経営者とかオーナーのエゴにつき合わせてるんじゃないだろうか?
いやいや、そんなこと今さら思われたところで社員からすると「ハァ!?」ってことなんだろう...私は私の信念を貫く強さを持って必ず成功へと導くだけだ。
ただいつでも過去を振り返りながら、自分の信念の在り方とその手法については冷静に評価できてないといけないな。

さぁ52才になる2016年はどんな時代なんだろう?
この5年をどう考え、どういう思想で臨むのか?
もう不惑を通り越して、そんなに大きな軸の変化はないんだろうけど、それでも柔軟な気持ちは必要だ。
そして何よりも今一度、年齢と共に自分が一番失いかけていて、中途半端な経営者の強さとある意味相反してしまう「素直な心」を取り戻したい。
何より「素直な心」をしっかりと自分の思想に着床させることが、本物の経営者の強さを測る尺度だ。
そして、私と会社がしんどい中でも安定と安心を担う、本物の何か大きなものを目指さないといけない。



  • 投稿者 shibuya

現場力

2010年12月29日

本日は当社一応仕事納め。
でも、24×365のサービスを提供するデータセンターでのネットワークオペレーションセンターや、年中無休のドコモショップは仕事納めはないので、年末年始と言えども緊張感はある。
まぁしかし、本社勤務者にとっては仕事納めと言うことで、一つの区切り。

年末に必ずやるのはその年の年頭所信をチェックすること。
そして、翌年の方針を考え年頭所信を作成するのだが、こちらは年末までかけてじっくりとやる。

そんなことで、今年の年頭所信をチェックしてみたが、何とまぁリアリティが無い(笑)
もっと具体的に表現しないと、全く伝わってないだろう...
一年前には、まだこんなフワフワしたことを書いてたんだと思うと、ちょっと恥ずかしい(笑)
翌年は、できるだけ具体的に且つ短いものにする。
事業は評論家のような机上の論理で何とかなるもんではなく限りなく現場力だ。
現場力を強化し、収穫の一年にしたいと思っている。

そう言えば昨日はグループ内一社の忘年会。
そこで、創業64年の自動車電装事業に30年強従事して頂いてる技術者との話でも「昔はとにかく現場志向だった。そんなことが当たり前で先代社長(私の父親)自ら現場で作業をしながら新しいアイディアを生み出していたなぁ」なんて話をした。
そうそう、経営者や管理職が現場を知らない、現場を見ようとしないなんて会社がうまくいくはずがない。
大将がしっかり会社に来て(当たり前だけど...)、全社員と話をして、現場を知った上ですべての仕事に興味を持って、仕事が大好き...ってことじゃないと、現場力は浸透しない。
確かに当時はその事業オンリーではあったが、それでも現場力=会社力として、その業界では良い仕事をしていた。その後は...
そんな当たり前のことを、思い起こさせてくれた忘年会だった。

来年はぜひ具体的に現場力を強化できるような1年にしたい。

  • 投稿者 shibuya

あきらめない!

2010年12月25日

アジアやドイツを初め、世界には絶好調な国々がたくさんある。
しかしわが国の内側だけを見ていると、悲壮感ばかり...
中小の経営者は諦め、逃げ切りと自分を守るのに精一杯。
わが国の中小企業で法人税を払わなくて良い、いわゆる欠損金を持った会社の数が70%を超えていると言う記事には笑えた^^;
もう実際には格差だらけで、"最小不幸社会"なんて言った現政権のバカさ加減は、もはや救いようもない。
一人当たりGDPは確実にマイナス傾向。
こんな国に居ながら、私たちはどう振舞うべきなのか?
まずは「あきらめない!」
こんな時代だからこそ、顔を上げて笑顔で前向きに!
この国のバカさ加減の責にしていても、何も変わらない。
このタイミングの日本に生まれたことも自責である。
その上でどういう舵取りをするのか?
まずは徹底した強みの醸成。選択と集中!
そして、日本と言う枠組みに捉われないこと。
しかし「中国に出なければならない。そうしなければ生きていけない」なんて中小製造業的発想ではダメ。
「これだけ強いものがあるんだから、絶対に海外でも展開できる!相手が欲しがるから出て行ってやろうか」くらいの方が良い(笑)
まぁ今の当社はまだまだそんな強さは持ってないけど...^^;
でも、あきらめない!
って言うか、諦めるとか、諦めないとかって言うレベルの話でもない。
そもそも諦めるなんて選択肢はなくって、仕事=人生なんだから、諦めた時点で人生終わり。
人より能力低いなら、せめて覚悟では負けてはいけない。
その覚悟からくる自信ほど絶対的なものはない。
人生かけてんだから、なんだってできるね。
なので、肩の力を抜いて笑顔でフツーに「あきらめない!」


  • 投稿者 shibuya

市場を変えるっていうこと

2010年12月19日

それって、そんなに簡単なことじゃない。
なんて当たり前のことで、既存市場がすでに何十年も存在する業態には、既得権益や既存業態の枠組み、プレイヤー達の立ち位置、経験に裏付けられたノウハウ、歴史、暗黙の了解などが精緻に存在し、そうそう簡単に既存市場に参入させてもらえるはずもない。
だから、一つのことに集中してジックリその市場に根ざし、市場での立ち位置を地道に一歩ずつ確保しながら成長していくって事業の手法がこの国では普通なわけで。
海外から見れば閉鎖的と映る日本市場そのもの。
参入障壁とは、案外事業上の効率化やシステム化による流通の変化などではなくて、"そこに根ざしているプレイヤー達の気持ちに納得感を持たせるか"のような気がする。
論理的に素晴らしい既存市場での事業スタイルを改革するような事業モデルがよく失敗する原因の多くはここにある。
仮にその市場の顧客に改革的な手法で迎えられるようなことがあった場合には、その力の強さによってプレイヤーの気持ちの納得感は変化するもの。
どのみち、既存の枠組みとは違う手法でその市場を攻めるのであれば、できる限り強い力で攻めるか、地道に時間をかけて低い立ち位置から一歩ずつ進むかどちらかだ。
この力の強さとは相対的なもので、その市場が成長期や成熟期にあり一定の強さがある場合には相当強大でなければ厳しい。
しかし、衰退期に入り市場そのものがシュリンクし始めている場合には、参入の可能性は高まる。
その代わり、そもそも市場が縮小しているわけなので、そこで得ることができる利も減るわけで。
同時に忘れてはならないのは、自分たちにその力があるかの客観的な判断である。
相対的なものなのだから、自分たちにどれだけの力があるのか?を知らなければ、適切な計画は立てられない。

そんなことを考えていると、

私たちが有する力とは?
私たちがどれだけその市場を知っているのか?
市場のライフサイクルでのフェーズは?
その市場に脈々と根ざしてきたプレイヤー達の力とは?
仮にその市場にドラスティックな手法で参入できた場合の利の範囲とは?

などなど、冷静な判断が無ければ必ず失敗すると感じている。

私たちの事業では「地域情報化」「携帯電話(モバイル)販売」については、15~20年が経過し、ようやくその市場でのプレイヤーとしての立ち位置が与えられてきた。
「人材」「リアルアプリ」などは、モバイル事業の派生なので、どちらかと言えば市場を変えた訳ではない。
「モバイルソリューション」「オープンマーケットでのビジネスアプリケーション」については、全ての市場に参入するための手法と言うことになるが、これについては技術革新が先行する導入期フェーズなので、多くの企業に機会がある。
では、創業の事業であるはずの「自動車電装」についてはどうだ?
ここはすでに私たちの市場では無くなっており、新たに参入するなら私たちは新参者と言える。
ここ15年程度の間、その市場のプレイヤーであることを必死に守ってきた人材も高齢化が進んでいるし、脈々と引き継がれてきたものをすでに失っている。
しかし、新規参入の意思を持って、再び古巣市場に戻るならそれも良しか。
私たちが有する力は、たかが知れている。
冷静な判断でしっかりとバランスしながら、勘違いせずにチャレンジしていきたい。
厳しいことがあるのは百も承知。
しかし、自責の中でそれと戦えないと既存市場攻略なんてできるはずもない。
「○○○で無くてはならない!」と言う断定的で冷静な判断を失う言い回しはできるだけしない方がいいのだが、ここだけは「やらねばならぬ!」と言いたい。
過去64年間、多くの方々に支えられてきた創業の事業。
私の人生一度きり。
ここだけは避けては通れぬ道だろう。

  • 投稿者 shibuya

ベンチャー精神

2010年12月12日

今さらながらだが、"ベンチャー精神"が薄れてきたように思っている。
「貯金をしない」「家を買わない」「個人として生命保険に入らない」などと退路を断つベンチャー精神を自らに課すために言っているくせに、実際日常では極々小さな成功にあぐらをかいて勘違いしているんでは?とか考えてしまう。

私が組織の先頭に立つ必要のある事業と、それでは組織の主体性と社員の能力開発が薄れるので、任せていくフェーズの事業もある。
どちらであっても、皆が今一度「挑戦!」するような意識を持つことが重要だ。

確かに財務基盤もそれなりにはなってきたし、全体として安定はしてきた。
しかし、いつも言う通り「安定とはイノベーションの連続」と思えば、次の大きなイノベーションが必要だ。
あぐらをかいてて、これからの10年行き続けられるような磐石な市場ではない。

ほんと、なんか勘違いしてないか??
まだまだこんなもんじゃないだろう。
これから数年で実現したいと思ってきた、所有と経営の枠組みを変える事についても、今の精神では無理だ。
もっとチャレンジ!
中途半端な成功で浮き足立ってどうする!
今一度初心に戻って、ベタな仕事から。凡事徹底である。
その上で、足元の数字はもちろん重要だが、しっかり根拠を持った上での投資による大きな付加価値の獲得にも踏み出さないと。
これからの3年で、3~4本はそういう事業開発を実現したい。
その過程で、社内にベンチャー精神を育みたい!
それができなければ、大きな枠組みでの所有と経営の変革も実現できないだろう。
広い視野で、大きな力で!


  • 投稿者 shibuya

スカイツリー!

2010年12月10日

スカイツリー.jpg

先日、白山の東洋大学19Fにて、就活イベントに参加した。

その際、窓からのスカイツリー!

かなり距離があるはずなんだけど、相当大きく見えた。

周囲の構造物との対比を見ればわかりやすい。

まぁ私は東京タワー派なんだけど(笑)

 

  • 投稿者 shibuya

イチョウ並木

2010年12月04日

なにわ筋.jpg

当社大阪本社前のなにわ筋は、御堂筋と並んでイチョウ並木が美しい。

この場所を本社に選んだのも、このイチョウ並木と靭公園が目の前と言う都心にありながら、緑豊かな環境が気に入ったから。

真冬に入る前のちょっと寂しくなる時期、冬紅葉の蒼穹に一瞬思考が止まって“たおやかな心”がのぞく。

こんな一瞬だけで、すっごいリフレッシュ!.......単純(笑)

仕事は忙しいし、判断すべきことも多くその内容も高度になってきている。人一倍責任を考えているつもりだし、マネジメントとは真摯な姿勢であると言う思考を持って、365日臨戦態勢をもう10年以上続けている。

そんな中で、こんな一瞬一瞬に思考を止めてると、100%全回復!できる術も勝手に身についた。

いつまでも、美しいものに心を留めることができる“素直な心”を忘れたくない。

 

  • 投稿者 shibuya

広島

2010年12月03日

原爆ドーム.jpg

はるか、29年前に広島に住んでいた(笑)

その後も何度かは広島を訪れているが、いつも時間も無く...

今回の広島訪問では、偶然原爆ドーム横~本通りを歩く機会があった。

29年前と違って、東アジアも騒がしいし、自分の感性も変化している。

現代の見せかけの平和と、これからの40年をイメージしつつ、いろいろと感慨深い気分になった。

 

 

 

  • 投稿者 shibuya

出会い

2010年12月02日

昨日(12/1)付けにて、新設会社SDVカーソリューションズが設立されたが、過去64年の堺電機製作所のリソースを活用するって部分と、それを否定する部分とがあり、その市場の縮小傾向も含め、極めて難しい事業だと考えている。
否定する部分と言う意味では、64年積み重ねられた業務の非効率や時代の変化に対応していない要素などはゼロベースで改善していかないといけないので、ここも相当ハード。
ある意味では、チャレンジングなベンチャー企業そのもの。

そういう状況なので、私もしっかりと実務に入ることにしている。
今さら...って気も無いではないが(笑)ここは入らないとどうしようもない。
ってことで、営業的に、お得意先様、仕入先様などへ足を運んでおり、今回を期に初めてお会いする方々や、久しぶりの再会の方々も多い。

「現場を感じながら、人とお会いし、それぞれの想いを聞かせて頂くのは本当に素晴らしい」

と改めて感じている。

ここ最近は、グループ全体のマネジメントが中心となり、実営業的に人と会うことが少なくなっていたが、私やっぱり好きです(キッパリ)人とお会いするのが(笑)

新たにお会いする経営者や責任者の皆様と話をしていると、本当に現場感を持って、一つ一つ直接お会いしてお話をしていくことがどれだけ重要かが身に染みて感じられる。
また、私自身のそういう感性が希薄になっていてはいけないと強く意識できた。

新しい出会いの中には、「何かビビッと感じるものがある!」なんて思ってしまう方々も多い。
ここから新たに何かが始まるような予感もある。
バタバタと忙しくしている中でも、ホントこういう出会いを大切にしたいなぁ~と、改めて感じることができた。
まだまだベンチャーだし、中小企業だ。

よし!まだまだがんばる!


  • 投稿者 shibuya

SDVカーソリューションズ本日設立

2010年12月01日

本日、12/1付けにてSDVグループ8社目となる事業会社、株式会社SDVカーソリューションズが設立された。

こえもひとえに、お取引先様、関係先各位、そして社員や社員のご家族のおかげ。

この場を借りて本当に感謝を申し上げます。

この会社は、創業の事業である堺電機製作所が64年に渡って手がけてきた、自動車電装事業の中から、車載情報と言う分野を切り出し、ICT+モバイル+ ビークルと言う大枠でのグループ事業ドメインに集中するためのもの。

さすがに高度経済成長期含め、64年継続してきた事業から切り離すのは並大抵ではない。当面はオープンな市場で勝負すると言いながらも、自分たちの業務スキルや既得権益などあらゆる課題が覆いかぶさると考えている。

しかし、これからの10年20年50年と事業を継続させることが当社のフィロソフィーなのであれば、今これをやらねばならぬ。と敢えてあまり使いたくない「○○でなければならない」と言いたい。

茨の道は重々承知だが、社員共々精一杯努力をしていく所存です。

どうか、暖かく見守って頂ければ幸いです。

 

  • 投稿者 shibuya

ページ