ブログの渋谷

2009年大晦日

2009年12月31日

今年も大晦日を迎え、無事に乗り切ることが出来、それなりの結果が残せた。
関係するすべての方々に感謝!
とかってキレイ事言ってても、仕事では勝負しないといけないことも多いし、価値観が合わないことや、排除すべきことだってある。
そう思えば、今年1年もまたたいそう恨みを買ったなぁ~ってしみじみ思う。
こうやってしか成り立たたないところは、自身の不徳と過去からのしがらみやらだろうが、少々身を削っても絶対に通さないといけないことはある。
まぁ今の段階の当社での社長の仕事はそういうところかも知れないし、優柔不断で信じる考え方や方針がいつもブレてるような社長で成功している会社なんか見たことがない。
ある面では嫌われ、憎まれ、恨まれ...それでも通すべきことと結果だけにはこだわる。
それが社会の公器としての役割を果たし、会社の目的を達成するために必要なこと。
そりゃ、判断を間違うこともあるし、俗人的な好き嫌いや欲が相手に伝わって悪い関係になることだってある。
そんなの人間なんだから当たり前で、そういうこと全部を受け入れるってことだろう。
でも、そうは言っても身を削ることは、人間なんだからしんどい時もある。
そういう時、いつも信じてついてきてくれている社員や関係する方々には、本当に助けられてきた。
感謝って言うのは、本当にそういう人たちに向けて感じることだ。
また、感じるだけじゃなくて、その感謝をリアルに結果に変えて、有形無形の必要な価値として報いることだ。
この気持ちがお互い様や利他の精神であり、社員には対してはESの根幹だと思う。

大晦日を迎えて今年1年を振り返り、そういう人たちのことを思い浮かべながら、一人ひとりに感謝を具現化するために何を成すことが私の責任かを改めて考えてみる。
こういう時間を多く重ねることが、大切なことだ。
  • 投稿者 shibuya

気づけば、今年もあと少し...

2009年12月28日

2009年も残すところあと3日!
会社は取り合えず明日までだけど、店舗は年中無休なので、当社は全体では変則な休みになる。
私は取り合えず、年末休ませてもらい、1/2に始動しようかなぁ~っと。
年頭所信をじっくりと練るんで、年末休みったって...って話なんですけど^^;

それにしても、今年も激動...いろんなことがあった。ふぅ~って感じ。
結果的には、当社理念や行動指針に合わせて、現時点で可能な一定の成果は出せたとは思うが、まだまだできることはたくさんあるし、課題も山積。
ノンビリしたこと言ってる場合じゃないですね。
世間は厳しいとか言ってるけど、その割には猛烈に働いている人って少なくないか??
高度経済成長の時代を支えた先輩方は、ゴチャゴチャ抜きに猛烈に働いていたと思う。
休みも今より少ないし、労働時間は長いし、守られてないし、パワハラなんて当たり前だったし...
そんな強い負荷の中で仕事を叩き込まれた先輩方が支えたこの日本を、中途半端なゆとりと論理でおとしめてはアカン!
明治維新は、欧米列強に植民地にされる!と言う危機感から、昭和の高度経済成長は欧米のようなもっと豊かな暮らしを!と言う希望から、この国が一体となったことで実現できたことを考えれば、今の時代はどこに御旗を立てればいいのか...
実は、その当時と同じくらい、イヤ見方によってはそれ以上の危機が忍び寄っているのに...本当に我が身に降りかからなければ、行動できないのは世の常か。
徐々に熱しられた湯の中の蛙とおんなじだな。

まずは、自分たちとしてどうすればいいのか?
会社の中でたくさんあるやれることや課題解決を、徹底してやっていく!
お世話になっているたくさんの方々への感謝を忘れずに。
その基本は、明るく元気出して!
悲壮感を漂わせても結果は同じ。どうせなら退路を断った潔さから、笑かすくらいの明るさでいた方がいい。
今年は、そう思えるところまでは来たし、会社も基盤がある程度整備されてきた。
来年からはリアリティのある行動を起していく時期。
変なテンションじゃなく、静かに深いところから「やるだけです!」

  • 投稿者 shibuya

続々JAL

2009年12月23日

JAL問題についてのブログは何度か書いているが、今回はユーザー視点で。
私がいつもJAL派なので、最近気が付くことがある。
それは、明らかに顧客サービスが低下していること。
どこにコストをかけるのか?の戦略が薄い。
事業継続上、絶対に落としてはいけないのが顧客サービスであることは、航空業界の鉄則だろうと思っていたが...
これでは、空中戦で強引に再建目途が立ったとしても、実態的な顧客離れが足元を崩していくことになる。

まず、年明けからの機内新聞サービスの廃止...これは打撃大きいだろうなぁ~
確かに、年間数億円に上っているだろうと推測はできるが、それより他に削れるところがあるだろう。
JALカードの勧奨が最近やたら目に付くが、事業売却前の顧客数確保に躍起になるより、他に注力することあるだろう。
webチェックインでは、マクドナルドのクーポンが当たるのだが、最近はコーヒー以外お目にしたことが無い※たま~に朝マック^^;
昔はビッグマックが当たってたのになぁ~(笑)
マクドナルドからすると、コーヒーなんてタダでいいもんだし。
CAの振る舞いにも、なんだかなぁ~と思う時があり、そういうのって顧客はちゃんと気づきますよ。
全般的に、ユーザー視点で「やろうとすればできるのに、やってない」ことが多いし、戦略性も見えてこない。
こういうのは、マネジメントの質の低下が原因だろうと思う。
こういう時こそ、顧客と接するJAL社員が「会社は再建に向けての状況で皆さんにもご迷惑をかけているが、私たち一人ひとりが今こそ一丸となってお客様のご満足に真剣に取り組みます!」ってメッセージが見える方がよほどいい。
一度、機長からのアナウンスで、機長がそんな感じの事を言ったのを覚えているが、あれは良かった。
「今こそ基本に立ち返り、すべたはお客様のために!」なんてメッセージを、全員がワッペンなどでつけるなんてのもいい。

事業再建はもちろんドライに待ったなしなんだろうけど、そもそも利用者数が減少するようじゃあ事業の継続性が成り立たない。
私の周囲のJAL派も、ANA派へ切り替えを検討し始めている。
どこのコストを削減し、どこに注力するのか!?
お金をかけずとも、できることはたくさんある。
そういう戦略に基づくバランスが重要なのに、そこが崩れていることに一番危うさを感じる。

  • 投稿者 shibuya

お引越し

2009年12月20日

shiba2.JPG

この年末の忙しい時に、東京のマンションを引っ越した。

去年東京事業所開設に伴い、まずはトップがホテル利用ではなく腰を落ち着けて生活含めてドップリ取り組まなければ成果は出ないという意思で、あまり土地勘も無い中、急ぎで赤坂にマンションを借りていた。

赤坂は事業所に近い(地下鉄で行くには乗換があって案外面倒だった...)ことと、何となく東京の真ん中なんで便利かなぁ~と思っていたが、私の行動範囲では案外不便だった。ゴチャゴチャし過ぎているし(笑)

で、1年が経過して東京の事業もある程度足場が固まり、それなりの推進が図れ、土地勘も出てきた(笑)ところで、ベストな場所に引っ越せたと思う。ワンルームだけど独りで住むにはこれで十分。

普段飛行機~モノレールでの移動なので、浜松町近辺。それで事業所まで乗換なしで3駅(7分)で通勤可能。おまけに東京でのパートナー企業の事務所にも近い。で、歴史の香りがする増上寺の大門前で門前町、窓の外は芝公園の緑でベランダからの景色がこれ^^;無理やり東京タワーから愛宕山まで見れてみました、ハイ。

良い場所を見つけられたなぁ~まだ2日目だけど...

 

引越しを日通さんに頼んだんだけど、もう最近のサービスでこんなに感動したことはないね。荷物は少ないので、おっちゃん二人で着てくれたんだけど、そりゃ親切でそれが人柄から滲み出てくる。ちょっとした私の不手際も「いいよ、いいよ」と一緒になって笑顔で手伝ってくれる。これをこんなに安い金額でやってくれるんだから、満足しないわけがない。いくらテクニック論を語ったところで、こんな滲み出てくる人柄に勝るものはないと今更ながら基本中の基本を再認識。

さぁ引越しも完了して、ちょっと東京生活にまだ違和感もあったけど、ここならドッシリ落ち着けそう。来年以降当社くらいの規模の会社では、やはり私が最初の立ち上げはやらないといけない..と言うかそういうフェーズだということなんで、まだまだ思い切ってやる!やるだけ! それがおもしろい。

 

  • 投稿者 shibuya

超高齢化社会到来

2009年12月18日

高齢化社会が来るって言うのは、何年も前から言われていること。
さほど実感はない?とか思ってる人もいるかもだけど、スッゴイ実感ありますよ。
現在の日本の老年人口率(65才以上)は、約23%!
10年前は約17%だから、この10年でとてつもなく高齢化が進んだことになる。
ちなみに、現在の老年人口が約8%の中国が、現在の日本の水準に達するのが2050年。
その頃の日本はこりゃもう驚きの約38%!
老人があんまり表に出なかったら、街は廃墟だね、こりゃもう(笑)
だって、2050年の人口が9,000万人を割り込んでるわけだから、その38%だから、64才以下の人口は5,580万人ってことで、現在1億2,700万人として64才以下が9,779万人だから、半分近くになっちゃってるってことだね。
単純に64才以下の人を、今の半分しか見かけないってこと。
当然、そういう人をターゲットにしている消費財市場も半分近くになる。
ってことは、極端に言えば半分の関連する会社やお店はいらないってこと。
おぉ~コワッ^^;
現在の大学生の皆さん、その頃には外出して消費しましょうね(笑)
私は生きてりゃ、86才....もはやくたばってるかぁ~
万が一生きてたら、思いっきりも寄りかからせてね(笑)

国民の生活水準は、生産性(付加価値度)と社会に参加して付加価値を構築できる人の割合が大きく関係している。
社会に参加して付加価値を構築できるってのは、単純に働いている人のこと。
でも、65才以上で働かずに寄りかかるだけの人は確実に増えるわけだから、全体の生活水準(GDPでもいい)を向上維持させるのは、生産性をメチャクチャに上げることのみ。
なんだけど、実際に最近の仕事の現場で、生産性が向上しているなぁ~って感じありますか??
職場では、後退はあれど、前進して生産性がガンガン上っている、いわゆる"躁"な状態なんてあまりお見かけしない。
これじゃあ将来に夢なんて見れるわけないですよねぇ...
なんて言うかなぁ~、なんかこの辺にこの国でこれからまだまだ勝負するためのポイントがありそうな気がするんだけど。

まだ、超高齢化社会やグローバル社会に対し、10年後までのアプローチやイメージを掴みきれてないんだけど、ちょっと何とかなるような気が最近はしている。根拠無いけど...
ほんとお気楽人間^^;>自分
  • 投稿者 shibuya

トレーナー忘年会と送別会

2009年12月17日

tr1.JPG

あまりこういう場に私が参加することは少ないのですが、今回は東京からお客様も来阪されており、docomoショップでのトレーナーミーティングを見ていかれるとのことだったので顔を出した。

トレーナーの面々、今年の春先の資格取得状況を思えば、本当にがんばってくれた。なんていうのかなぁ~「がんばります!」なんて言う上っ面な言葉じゃなく、彼女らは「こういう成果を出しました」って、本当に具体的にリアリティを持ってがんばり、きちんと成果を残したことしか言わない。

トレーナーの成果が、最終的な当社の価値にどれだけ繋がっているかを考えれば、日々業務も忙しい中なのに、言い訳をせず本気で正面から素直に取り組むことがどれほど尊いかがわかる。

それと、今月末で10年以上携帯電話販売関連の業務に勤務してくれた社員が結婚退職となり、トレーナーを指導サポートする立場についていてくれたので、彼女の送別会も。

もうこの件については「おつかれさま!」以外の何も言えない。この10年いろんなことがあったのにグッと我慢して........この社員がいなければ今の当社は無いと思っている。

 

 

  • 投稿者 shibuya

ONE PIECE STRONG WORLD

2009年12月12日

onepiece0.JPG

 

ハイ!昨日の忘年会での話通り、朝っぱらから観てきましたよ。

でもって“0巻”入手してきました(笑)

2冊もらったから1冊ヤフオクに出そうかと思ってみたら、4,000円くらいの値がついてる...っていうか、たくさん出品されてるのはスゴイなぁ~

さぁ、寝よ zzz...

 

 

 

 

 

  • 投稿者 shibuya

元気出して楽しもう!!

2009年12月11日

あまりにくだらない組織と人の話があると、なんだかアホらしくもなってきてたが、ここは一歩下がって客観的に落ち着いた対応をしないと。
自分まで同じ土俵で頭に来ててどうする...反省。
負荷とか凄いイヤなことが目前にある時、何とかブレークスルーを見つけようと努力すれば、気持ちの落ち着かせようがあるわけで、その手法は体得済みのはず。
どのみち、会社に関することはすべて自責の事ばかりだから、開き直るしかない。
世界人口68億人の中で、独りの人間の悩みなんて、ちっちゃいちっちゃい(笑)
自信持って、覚悟持って、深い信念持って、落ち着いてやりぬくだけやね。
ちょっと最近の自分は、イケテなかったかも...
元気出して楽しもう!!  これ基本やね^o^v
  • 投稿者 shibuya

政治の話2

2009年12月08日

民主党政権も、徐々に支持率が下がり始め、鳩山総理の決断力、統制力などの弱さが多く指摘されている。
まぁ、確かにちょっとパシッとしてないんで、イメージはそうなっちゃうだろうなぁ。
でも、パフォーマンスで人気を取っては欲しくないので、中身で勝負して欲しいところ。

で、難題山積のようにメディアが報じる昨今だが、あまり答えを急ぎすぎる必要もないように思う。
今この国がやろうとしていることは、長年かけて積もり積もった灰を取っ払い、新たな秩序を作ろうとしているんだろうから、そんなに簡単にいくわけがない。
問題は、その新たな秩序を作る覚悟が本当にあるかどうか。
普天間問題は、日米安保そのものを見直すと本当に言えるか?日本の国防国益について確固たる意識を持てているか?にかかっていると思う。
仕分けや公共工事削減は、では高付加価値型の事業構造にこの国の産業界が転換できるだけの力があるのかどうか?また国の施策としてそれをメリハリを持ってやり切れるのか?同時にその為の人材育成や制度面の充実まで側面から支援できるのか?
内需産業分野だけでも、そういうことを本気で考えているかどうかがポイントだ。
その他、子ども手当てや高校無料化と、扶養控除や高齢者医療費の問題など、表裏の関係も含めて、若い人が希望を持てるためには、子育て世代に該当しない世帯や高所得者層には今までより厳しくなって当然。そんなことも国民を納得させられるか明確な根拠のもとに、信念を持ってやり遂げられるかがポイントだ。
その他、全ての政策には強い覚悟があるはずで、そこにシンプルに根拠を持って立ち向かえるかだけが問題で、与党内連立内に別の意見が吹き出しても、常にブレることのない意識で対峙することが重要だ。

以前にも書いたが、これだけのことをやろうと言うのに、全国民が納得できるわけがない。
当然、人によって損得もある。
それを参議院選挙が近づいているからとか、連立を維持するためとか、そんな退路を断たない姿勢で乗り切れるわけがない。
そんな姿勢であれば、今までと何も変わらないどころか、中途半端にかき回しただけタチが悪い。
次の選挙に勝つか負けるか??
そんなもん、神のみぞ知るであって、そこを狙って行動するのではなく、本質の目的に対してシンプルに動いた結果のみが判断材料と言い切るべきだろう。
負けてもいいじゃないか、人生一回きり、本気に勝負をしてみれば。
平成維新と言うなら、明治維新の志士たちは、そんなくだらない勝ち負けや次の選挙なんてことは考えてなかったはずだし、常に退路(命をも)を断っていたはず。

たぶん強い想いはあるんだろうけど、党内、連立内、野党含めて、相当厳しい道のりが待ち受けている。
それをやりきるだけの、本当に強い覚悟が見えてこないから支持率も下がるのであって、次の選挙なんかを意識した行動を取れば取るだけ、マイナスに働く。
その辺の、人の気持ちが何によって動くのか?人は何を求めているのか?に対して、よりシンプルに政策実行すべきだと感じる。
  • 投稿者 shibuya

怖い上司がいなくなった...

2009年12月05日

最近の上長年代(主に30才後半世代~50才前半世代)は、その世代の問題もあるとは思うが、怒れる人間が少なくなったなぁ~
高度経済成長終盤のいい時代に育ったからか...
怒れるって言っても、ただ自分の感情だけとか、しょーもないプライドのためとか、怒り方を間違っている人間はそれなりにいるけど、本当に覚悟を持って怒れる人間が少なくなった。
ってことは、単に深く覚悟を持った人間が少ないということ。
それだけ、生きることや働くことに真剣じゃないんだろうな。
勘違いと嫌われたくない上長自身の優しさが、若手の成長を阻んでいることにすら気づかない。
20~25年前頃の上長像は、そりゃもう猛烈でエネルギッシュで、メチャクチャ働いていつも飲んでて、しょっちゅう部下を怒鳴りつけて、それでいて何かある時には本当に優しい。
覚悟なんて自然と身についていた時代だったかも。
そう思えば、不幸な時代だと思う。
意識を持たずにふつーにやっていれば、本質を考えて怒れず覚悟の無い人間にしかなれないんだから。
でも、そんな時代だからこそ自分たちで切り開かないといけないし、覚悟もなく想いも浅い(又は勘違い)優しさなんて、くそったれ!だと強く想う。
もうこの事について私は相当怒っている(笑)
マネジメント手法だ、コーチングだ、論理性だ、傾聴力だ、怒るじゃなくて叱るだ...そんなもん全てよりも、覚悟や強い意思や本当の意味で怒れることの方が何百倍も重要だ。
  • 投稿者 shibuya

ページ