ブログの渋谷

2008新卒採用Blog Vol.4 マイナビ公開!

2007年05月10日

https://job.mycom.co.jp/08/pc/visitor/search/corp79131/outline.html

昨日の取材内容は後日(5/18前後)に公開されるんですが、時間もあまり無いことから必要事項のみのデータで、マイナビアップ完了しました!

なかなか堅苦しいこと書いてますが、まぁこの辺りはきっちりと表現しないと。
にしても、実際何をやってる会社かって、わかりにくいですよね。
自分でもそう思います....

ドコモショップの運営を始めとしてモバイル端末やソリューションの販売と言う事業と、モバイル人財専門の派遣・アウトソーシング事業、それに地域情報にまつわるICT事業と、各社を統括する持株会社と言うのが、今回の募集のある事業です。

これら事業のベクトル上に、各社のリソースからシナジーを発揮し、今後数年で事業を拡大していくというフェーズがあるので、なかなかチャレンジできる環境にあると思います。
まぁ、それをおもしろい!と思ってもらえるかどうかですかね。
チャレンジと言っても、任せっぱなしで無理をさせる気はないので、しっかりと研修やOJTで基礎を学びながら、少しでも早く頭角を現して頂ければ、若干負荷が高くなって責任と権限が与えられる次のステップがしっかりとあるという感じでしょうか。
自分自身がどうなりたいか...と、当社のスピード感や成長感、その手法がうまく合えば、互いにハッピーだと思います。


何はともあれ、エントリー及び会社説明会への申込が無ければ話にならないので、皆さんぜひぜひ一度話を聞きに来て下さい!!
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.3 毎コミさん取材

2007年05月09日

あわただしく、今日は毎日就職ナビ(マイナビ)の毎日コミュニケーションズさん取材です。
時間もない中で、毎コミさんにはほんと十分な対応を頂いており感謝、感謝!

私のインタビューを始め、グループ内社員の取材と撮影です。
先ほど、私の出番が終了しました。

改まってインタビューを受けると、あれも言いたい、これも言いたい...うまく伝わっているかなぁ~とアレコレ考えてしまうので、余計にライターさんに迷惑をかけたかも^^;
社員のインタビューは、どんな感じでしょうかねぇ...
「わが社とは!!」を語れるかと言うと、なかなか難しいし、わざわざ作る必要も無いので、普段感じていることを、いい事も悪い事も話してもらえればいいかなぁと思ってます。

自分たちで記載した部分も含めて、この内容は、来週中にはマイナビにアップされるとのことなので、出来上がりが楽しみです。
少しでも、学生さんに生の会社の雰囲気とか考え方、事業が伝わればいんですけど...


そこからは、6月の説明会の準備を急ピッチで行い、申込を受け付けて開催となります。
7月には内定を出さればと思ってはいますが、初めての新卒採用なのでどうなるかちょっと不安でもありますね。
9月以降は、来春までのスケジュールや研修、イベントなどの企画・開催があり、入社前後には事務手続き、入社後の教育・研修、そして配属と慌しくも楽しみです。

そう言えば、そうしている間に2009年も開始しないと^^;
“人財”ですからね、徹底的に真剣に取り組まないといけません!
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.2

2007年05月06日

今年初めて来春(2008)の新卒採用を行うことになったのですが、実は2009年からと当初は考えていました。
それは元々、当社グループ内の多様な整備が進んでなくて、新卒の社員に入社してもらっても申し訳ない.....と言う意識があったからですが、昨年秋の会社分割持株会社制度移行から本年急速に整備が進んだことで、何とか間に合うことができたというのが本当のところです。
なので、このBlogも含めて、採用活動の時期も遅れてしまってはいますが、全力で進めたいと考えています。

今までは、中途採用や派遣スタッフの正社員雇用などで、何とか人材を確保していましたが、事業規模やスピード感に対して、その手法ではもはや追いつかなくなっており、しっかりと「人財」を育てながら、組織の風土を育むことに、より注力していきたいと思っています。
ちょうど、そう言う会社のフェーズですね。
3年後5年後、来春入社する社員が一人前にプロジェクトを推進していたり、数名の部下を持って組織をマネジメントしていたり.......楽しみです!!ハイ!


私が社員と私自身に求めるものは、「グループ企業理念」にも示していますが、大きく4つあります。

(1)利益追求

自分たちのリソースを収益の最大化に向けて努力を惜しまない。
いくらきれい事を並べたところで、それが甘えに繋がるケースも多く、まずは公企業である以上は収益を上げ、納税をすることが社会に対する最大の貢献です。
もちろん、お金が儲かるなら何でもやる.....ってなフィロソフィに響かないことはやりません。
しっかりと社会との関係性を保ちながら収益を上げることに、努力を惜しまない姿勢が大切です。

(2)付加価値追求

会社も個人も、常に価値の追求を目指し、唯一無二の存在を目指します。

(3)社会との関係性

コンプライアンスはもちろんのこと、社会に愛され必要とされて初めて企業活動に意味を成します。
原理原則を貫き、良い仕事をし続けたいですね。

(4)成長

一昔前なら「あの会社は安定して楽そうだし、恵まれているなぁ~」なんて、話もありましたが、今の社会では「安定はイノベーションの連続」でしか成しえません。
好む好まざるはともかくも、この国もグローバリズムに染まりつつあり、その環境下で仕事をしていかなくてはならないことは確かです。
であれば、自分の信念を突き通すために、夢を現実のものとするために、そういう環境の下で力をつけることが大切で、言い訳せずに徹底して成長意欲を持って仕事に向き合う姿勢こそが必要ですね。
これは、自分自身にいつも言い聞かせていることです.......でも、時には疲れることもあるので、そんな時には切り替えも大切^^;


この4点は、絶対にブレません。
実態は、まだまだなところがたくさんありますが、私は10年先20年先、いや40年先でも会社が存続し、価値を提供し続けているようでありたいと願っています。
そう思えば、急ぎすぎる必要はありませんね。(まぁ最低限のスピード感で..このスピード感の共有が難しい!)
きっちりと足元を固めながら、ホンモノの企業でありたいと願っています。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog!!“期間限定May/07~Jul/07”

2007年05月01日

突然ですが、決めました!
ここを、今日から7月末までの3ヶ月間、2008新卒採用Blogにします!!

ってことで、マイコミさんにお世話になって、連休明けからSDVグループ全体の採用活動を行うのですが、その状況や感じたことなどを、ここに頻繁に!?アップしていきたいと思います。

何と言っても新卒採用を本格的に実施するのは初めてで、若干時期が遅くはなりましたが2008年採用活動の状況を、私も含めて社内のドタバタレポート^^;として伝えていきます。
同時に、学生さんに見てもらえれば、分かりやすく情報をお伝えし、生の社風を感じてもらえればと思って、こういう取り組みにすることにしました。

いきなりですが時間も限られているので、できるだけ理解をして頂くためにも、関係各位よろしくです!
  • 投稿者 shibuya

温家宝首相訪日

2007年04月19日

先日、中国の温家宝首相が訪日され、庶民的なパフォーマンスに、友好的発言を残し帰国されたことが、テレビなどで盛んに報道されていた。
まぁ、何はともあれ、悪い気がした日本人は少ないだろう。
私は、今回の来日について言葉にすれば、「やられたぁ~」って感じか.....
さすが、中国四千年と思った^^;

それに比べて、日本の政治家と来たら....ったく...
ここでも以前に書いたが、安倍内閣はそんなに違和感はないし、「美しい国へ」はなかなかの内容だと思っている。
しかし、さすがにこの内閣の浅さには、嫌悪感を感じ出した。
中川昭一大臣が「中国政府においてNo,3当たる温家宝首相が来日することは失礼!」と言って怒っているのには、唖然としてしまった。

日本という国の国益を守るための手法論が、欧米並みのパワーバランスの中で、強い日本を表現することだと信じていること自体が、もはや時代遅れも甚だしいような。
遣唐使や遣隋使の時代、日本は中国から多くを学び、いつも尊敬してきたのではなかったか。
悠久の流れの中で、どっちが上でどっちが下みたいな感性を、知らず知らずに持ってしまっていること自体に問題があって、そう考えている間はいつまで経っても、本質的な外交などできるわけがないように思う。

もっと深い考えから、本来の日本人の良さを十分に表現し、長い歴史において他国の領土となったこともなく、鎖国という何とも日本的^^;というか、類稀な戦略を取ってきたこの日本という国が、世界に誇れるリソースと人間的要素を存分に発揮したオンリーワンな外交を常に行ってもらいたいと感じる。
その上で、相手を認め、尊敬の念を持ってはじめて、国際外交の世界でやっとスタートラインに立てるのではないだろうか。

確かに、今回の温家宝首相のパフォーマンスには、いろいろと議論があるだろうし、本当のところの狙いも当然あるだろう。
でも、そんなことを気にしていても何にもならない。
当たり前のように、戦略では中国が上である。
まずは、国際社会の中で自分たちが本質的にどうありたいのか!をもっと明確にするべきだと思う。
  • 投稿者 shibuya

さぁ、新年度!

2007年04月14日

と言っても、すでに何日も経過しているわけで^^;
あまりのバタバタで、ここにもなかなか書けなかったですね。
(と、こんなところでも忙しいを言い訳にするようじゃあ....)

人材・新卒採用・組織・評価報酬制度などなど、人にまつわる要素はもちろん、事業そのものの濃い構造的課題、ファイナンス.....
新年度早々事業年度の予算だけではなく、中期計画の検討に入っているが、なかなか改めて考えると、根っこの深~いところが、実質的に整理できてスッキリとしてなかったりする。

要は会社は誰のもの?とか、所有と経営の分離とか、当然共有できているはずの部分が、意外と整理できてなかったりするんで、正直中期計画なんて書けるわけないんですよね^^;

現在の事業については、客観的に見ても難度の高い事業以外は、ある程度順調に推移しているし、2~3年は、まぁ今の仕掛けで何とかなるだろうと思うが、5年10年15年となると、やはり基本的な会社の考え方がスッキリしていることが大前提で、グループ全体の事業計画も考えられるものだろう。

今から10年15年前を思えば、たまたまうまくいった事業があったからここまで来れたが、それに安閑として根深い課題をおざなりにしてきたツケは確実に回ってしまっているわけで、若い社員を多く抱える今がとても大切である。
  • 投稿者 shibuya

本日年度末!

2007年03月31日

今日は3/31の年度末!
また明日から新年度が始まると思えば、ビジネスをしている人なら大抵は想いをめぐらすことがあるように思う。
3月決算の事業子会社が2社あるので、今更ジタバタしても始まらないが、何とか....と思うのが人の性か^^;

まぁ、数字だけを見れば可もなく不可もなくの決算を迎えるんだろうけど、それではやはり満足できないので、来期に向けてはできるだけのことを!と決心する......毎年ですが(笑)

今年度も盛りだくさんのことがあり、大枠には自分で仕掛けて動かして成果を導いた!?と思う部分も無いことは無いが、それではダメですね。
来年度は、自分の想定以上の結果が導けていることを期待すると共に、そういうことが実現できやすい環境を整備することに注力したい。
すでに、チラホラとそんな動きができる人材もいるし.....

来年度の終わり(一年後)に、どれだけ満足感と達成感を味わえるか!
自分の場合には、たぶん立場的に一人静かに....う~んと違うなぁ、一人寂しく味わうんですけどね^^;


まずは、今年度も無事に終了できることに感謝!!
  • 投稿者 shibuya

引っ越しました♪

2007年03月23日

以前ここでも書いたんですが、このクソ忙しいのに今週引越しをしました。
家族丸ごとの引越しは、中学生の時に一度あるだけで、主体者としては人生初だったんですが、正直引越しを甘くみてたような.....
そりゃ、大変ですよね、結婚してから15年分の荷物を動かしたわけだし。

しかし、運んだ荷物がトラック1,5台分で、捨てた荷物がトラック2台分って、どういうこっちゃ^^;
結構大きな家からかなりコンパクトな家に引っ越したんで、まぁ捨てないと入らんわなぁ....
でも、住む前から気に入ってたんですが、引っ越してみてもっと気に入りました。
正直狭いです!
でも、狭いから家族がしょっちゅう顔合わせます^^;
これから、中学生高校生と育っていく息子たちだから、この方がいいかな。

地元のさかい引越センターさんは、最後の最後でガラス割っちゃったけど、とてもイイ感じで作業をしてくれて、「これは安い!」と思わず思いました。感謝感謝!
引越屋さんて、いつも使うわけではないので、どんな感じになるのか少し不安があったりするんですが、いろいろな要望に嫌な顔一つせず、「ぜんぜん大丈夫っすよぉ~」と笑いながら作業してくれたのは、とても良かったですね。
彼らからすると日常業務でも、頼んだほうからすると、一度っきりの不安な依頼だったりするので、こういう対応はとても信頼できます。
あんまり褒めても仕方ないけど、会社の姿勢がこういうところに出るんでしょうね。

今までの家は、取り合えず補修をして誰かに貸す予定だけど、誰か借りてくれません(笑)
外で犬を飼いたい人とか、家庭菜園がしたいとか、庭いじりがしたいとか、もって来いですよ^^;
私の方は、できればずっと賃貸で暮らして、いつでもサッと引越しできる体制をキープしていたいんですね。

さぁ、取り合えず荷物は運び込まれたけど、寝る場所を何とか確保できたって程度なので、今週はずっと片付けですかね。
久しぶりに堺市民に戻って、なかなか良い環境で言うこと無し!
我が家の犬くんも、何とか環境変化に対応してるみたいだし。
運気が向くのも自分次第ってことで、これを機に何でもより積極的にいきたいですね。
  • 投稿者 shibuya

ノブレスオブリュージュ

2007年03月01日

この言葉の実質的な意味や歴史的背景などについては、多くの議論があるように思うので、ここでは端的に「上に立つ者(高貴なる者)の義務」と言う意味として考える。

英国貴族が土地を管理し、農民に小作させて作物を得て、農民の生活を守るために、領土を賭けた争いの際には、先頭に立って戦う姿勢......というのが語源であったと思う。
実際にどうであったかはわからないが、概念的には貴族と農民の主従の関係の中で、互いの信頼関係のために互いのミッションを果たす構造だと考える。
農民の生活を守るため、貴族は有事の際には命を投げ打つ覚悟で戦の先陣に立つことが義務だとされるという意味合いで、武士道にも近い高貴な精神構造を窺うことが出来る。

現代であれば、戦いは国や企業と言うように形を変えているが、この概念は不変である。
当たり前だが、管理職以上であれば上に立っていて実際に主従関係が成り立っていることを認識することが絶対であろう。
その上で、部下の生活を守り通す確固たる意識があるからこそ、本気で戦える。
この一点さえブレていなければ、手法論については少々のことは問題ないので、職責を全うする管理職と呼べると思っている。
  • 投稿者 shibuya

安倍内閣

2007年02月22日

かなり以前のBlogで小泉内閣のことを書いた記憶がある。
国民が、一人のヒーロー的首相に盲目的になること自体が、現在の我が国の問題であるというような内容だったと思う。

あれから内閣が変わり、今は安倍首相を中心とした和気藹々感のあるチーム安倍である。
国民の支持率は、日を追うごとに低下し、ついに不支持率が支持率を上回ったようだ。
正直言って、支持率なんてな~んも興味はない.....当たり前か。
小泉さんと比較して、リーダーとしての強さが無いとか、組織を取りまとめる能力に欠けるとか、いろいろ相対的に批判はあるだろう。

ただ、私自身はほんと勝手にだが、かなり安倍首相肯定派である。
「美しい国へ」を読んだから^^;(みんなに、マジで読んだの.....フ~ンと言われるが)だけではない。
リーダーとしての「強さ」とか「リーダーシップ」なんてのは、人それぞれに手法や表現があるわけなので、無理をする必要もないし、安部流を貫いて欲しい。

知らぬうちに我が国全体の思想は、どこか大陸的で損得を意識し、勝った負けたと言うグローバリズムに染まっているように思う。
シドニー五輪の男子柔道100㎏超級決勝は、記憶に新しいところか。
日本人から見て明らかな誤審により、篠原選手が敗退し金メダルを逃した例の試合である。
恐らくすべての日本人は激怒し、確かネット上のコミュニティでも、散々誤審についての議論がなされた。
試合後のインタビューで篠原選手は一言「弱いから負けた」.....
こんなこと、今や誰も美徳とは思わないのかも知れないが、これが言えるからこそ日本人だと、とても勝手な解釈だが今でも信じている。

安倍内閣は、閣僚の失言などもあって、ここまでとても順調とは言えない。
しかし、こんな状況でも安倍首相のインタビューは、当初からトーンに一切変化がないことに気づく。
また、失言や不祥事を起した閣僚に対しても、メディアから散々批判され、支持率が低下しているにも関わらず、じっと我慢を貫いている。
厳しさが足りず、脇が甘いと言えばまさしくその通りであるが、しかし考えてみれば学校ではないのだから、エライ先生たちは自己責任できちんと始末するべきだし、安倍内閣が行わなければならない本質は、全く違うベクトル上にある、より高尚なものであって欲しい。

そう考えるとまだまだ結論を出すのは早いし、自分らしさを貫いた手法と表現で、粘り強く本質を常に見続けて欲しいと願う。

※今の国際社会の中で、一国の首相が“とっても優しくていい人”でもいいじゃないの。
それでも大きな許容の中で芯はしっかり持ち、国益はもちろん大切であるが、それ以上に日本人らしさを重視するような外交も結構イケテルように思う。
  • 投稿者 shibuya

ページ