ブログの渋谷

参議院選挙

2007年07月31日

先週の日曜日は参議院選挙だった。
自民党の歴史的惨敗!って見出しが翌日の新聞を飾り、安倍首相が退陣しないことに賛否両論、喧々諤々.....

「美しい国へ」を読んだ人なら、安倍首相の理念はわかると思うし、決して論理は間違っていないと思う。
でも、なぜこんな結果になってしまったのか??
そもそも、国民がこの論理を理解していないと思う。
国民はもっと怠惰で、一時の享楽に酔い、自分勝手な批判をし、メディアを通じた大勢に流される。
この国の民度の問題である。

同時に、政府も伝え方や方法論にかなりの間違いがあった。
小泉首相は、国民に痛みを伴うことを理解させるために、自民党の議員の首切りを非常にわかりやすく実行した。
自民党をぶっ潰すこと(実際には全然潰してないが)で、お互いに危機感を共有できた。
また、小泉首相の時には、痛みと言ってもまだ切られる前であった。
しかし、安倍首相の時代には、実際に腹を切られ、痛みを実感してしまっているにも関わらず、痛みを共有するはずの政治家が安閑と事務所費などの問題があっても守られていることに、単純に国民が違和感を持ったように感じる。
同じく、社会保険庁も、本当は痛みを共有しなければならないのに、過去からの流れとは言え呑気なことをやっていて、全く国民の痛みを理解できないないことに怒りが爆発した。
また、強行採決や選挙を意識した小手先の手法などは、かなり心象が悪かった。
何となくだが、あんまり難しいことではなく、単純なことがやはり民意を動かしたんだろうと思う。

これから安倍首相の目指す新たな国作りは、もっともっと痛みを伴い、格差が広がることは明確である。
※そうは言ってもまだまだ日本のジニ係数は先進国の中でもかなりの低水準だが。
かと言って、グローバルな経済や物事の考え方の展開についていかなかったら、資源の無い日本はジリ貧になることは明白だ。
そういう意味では、安倍首相の政策そのものは、一定の理念に基づいてベクトルにブレはないように思うし、小泉首相の頃とも基本的には変わっていない。
長期のスパンでも、今やらないと手遅れだと言うのも良くわかる。
やはり、一時的で一元的な見方で政治を捉えるのは良くないように感じる。

今後政局がどのように変化するかわからないが、私自身は現状の日本の方向性は基本的に正しいと考えているので、何とか適切な手法と、政治と金の問題や官僚の問題などに真っ向から立ち向かい、理念を突き通して欲しいと思う。
  • 投稿者 shibuya

部下を育てる!

2007年07月14日

部下を育てる!なんて、おこがましい話ではあるけど、最大限の努力は上長ならしなければならない。
会社のこと、社員のこと、組織のこと、なんだかんだ言ってもうまく行ってない要素があるのなら、それはすべて社長の責任である。

部下の育成手法としてよく言われる「認めて、任せて、褒める」ってやつ。
本当ならこうでありたいと思うし、実際に当社グループ内でもそういう意識を私自身が部下に対して持てる人材も多数いる。
そんな関係なら、プロとして能力を認めることができ、案件・プロジェクト・マネジメントを任せることができ、結果に対して褒めることもでき、その成果が会社に表れ、報酬にも反映させることができる。

しかし、この「認める」だが、どこまでいってもその要素があまり見受けられなかったり、認められると勘違いをしてしまうケースなどもあり、最低限の実力以上でなければやはり認めることも難しい。
とにかく、まずは「認める」ことができる部下になるまでは、やはり研修やコミュニケーションなどを通じて、ひたすら伝えていくしかないんだろう。
組織改革なんて、人の意識改革でもあるわけで、おまけに能力開発みたいな要素もあると思えば、一朝一夕に実現できるわけがない。

このひたすら伝える時に大切な基本的な考え方。

・原理原則を遵守する。
・上長こそが報告、連絡、相談を行い、常に透明性を維持する努力をする。
・ブレることのない理念。
・夢や志を共有する。

私自身も最近は目先のことに捉われ、事業拡大や数字そのものに意識が行き過ぎ、その大前提として大切にしなければならないこういう意識レベルでの共有感を社員と持つ努力を怠っていることを反省しようと思う。
同時に、長期スパンで社員と共に納得感のある会社とするための努力を日々惜しんではいけないし、もっと明確にこのことを毎日意識して、緊張感を持って取り組む必要がある。

人材が足りない!
しかし、上述のような会社風土の基礎すらできてないのであれば、採用をしたところで一緒のことである。
もう一度基本に立ち返って、理念や夢や志、そして原理原則を共有するところから始めたい。
  • 投稿者 shibuya

テレマティクス・プロジェクト

2007年07月12日

久しぶりに書き込みます。
ネタが貯まっていたはずなのに....時間が経つと忘れてますね^^;

当社のグループには、“自動車のエレクトロニクス”“携帯電話(移動体通信)”“ICTサービス”“モバイル人材”と言う、各事業分野の会社があります。
「車+ケータイ+IT」=テレマティクス という事で、当社グループ内リソースを最大限に活かすことができる分野として、グループ横断プロジェクトを発足しました。

ハードや組み込みアプリについては、最近コンタクトさせて頂いている企業様と連携が出来ればと考えており、実際の車両側の技術及び携帯通信モジュール、そしてサーバ構築、運用とアプリ開発などを含めて、テレマティクス・サービスの検討を進めています。

ようやく、グループ間シナジーが直接的に活用可能なプロジェクトを発足することもでき、今後が楽しみです。
同時に、こういう取組みが各社既存業態へ直接的、間接的に前向きな影響を与えることで、既存業態のブレークスルーにも繋がることをイメージできるかなぁ~っと....

「事業」「組織」「人材」「コンプライアンス」「財務」....一つずつ整備していかないといけないことが山積なんですが、こういうグループの力を発揮できる手法でしっかりと進んでいきたいですね。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.11 最終回

2007年06月29日

今回の新卒採用Blogは、取り合えず今回で最終とします。
最初の活動としては、2次面接も終え結果をご報告しました。
また、大学の先生のご紹介などで、まだ数名お会いできるようなので、そちらも含め2008採用はまだ実施はします。
同時に、サイトでも短大・専門学校卒の方は受け付けていますので、エントリー頂ければと思います。

時期的な面や、ロケーション、不慣れな部分など含め、なかなか思い通りにはいかないものですが、かなり良い勉強になりました。
ちなみに、2009年度新卒は、今回の反省も踏まえて今夏からグループ内にプロジェクトチームを発足して動き出す予定です!


ということで、次回からはフツーの日記を書くようにします。
結構貯めこんでるんで、しばらくはネタがあるんですが、書く時間が....
いやいや、時間なんていくらでもある訳で、こんな程度でも「時間が....」なんてくだらない言い訳をしていること自体がイケテナイですね。

では、次回以降もよろしくお願いしまっス!
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.10 2回目の説明会

2007年06月11日

明日は第2回目の説明会です。
前回同様、説明会の後、希望者はそのまま1次面接という形を取ります。
今回も直前キャンセルなど含め、20名までの参加数だと思われます。

先週、当社グループの取引先企業と2008の採用について意見交換をしました。
社員数400名程度の中堅企業ですが、かなり苦戦をしているとのことで、現在まだ内定を出せてないそうです。
おまけに最終面接の段階で、やはり企業が欲しいと思う人材は、大手など2~3社から内定をもらっているとのことで、厳しいなぁ.....と言われてました。
このままだと秋採用もやらなければと....

そう思うと、当社グループの魅力って何なんだろうと?と今更ながらに考えてしまいますね。
中堅企業でも採用に苦戦する中で。
仕事や会社に対する考えや、ニーズが多様化する中で、うまくマッチングできればそれが一番幸せなことなんですが、当社の場合には若手が多く、ある程度の自由さの中で、チャレンジングに仕事に取り組め、かなり早い時期から頭角を現すことができる(報酬レベルも同様に)ことは、一つあるかもです。
もう一つは、人材の性格や感性を出来る限り仕事に活かすことができるよう配慮を管理職がかなり考えている(会社がの場合もありますが)という面もあるかも知れません。
少人数だから余計にそういうところまで目が届き、個人の能力や考え方などに応じた仕事のやり方を進めることもできます。(もちろん精一杯仕事をやる上での話ですが)

今後も一定の規模感の中で、“人”ありきの組織として、事業を推進していきたいですね。

さぁ、明日の説明会では、前回より少しはマシなモノ(そんなにひどかった??)になるようがんばりたいです!
せっかく、説明会まで足を運んでくれる学生さんを、ガッカリさせるようなことのないよう。
来年度から仲間として働く可能性があるわけですし、会社と社員はある意味フィフティフィフティな関係ですから。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.9 1回目の会社説明会終了!

2007年06月02日

昨日は、1回目の会社説明会が行われました。
参加して頂いた学生の皆さんお疲れ様でした。
この時期と言うこともあり少数でしたが、内容としては良かったと思っています。

学生の皆さんは、会社説明会や面接に何度も行かれているので、ある意味慣れている部分もあるかも知れませんが、私たちは2008新卒採用が初めての正式な活動と言うこともあり、若干不慣れな面もあったかも知れません。

これも時期的な問題からですが、今回の会社説明会は説明~1次選考(作文・面談・質疑)を一緒にやらせて頂いたので、若干戸惑われるところもあったかも知れません。
まぁ、何度も足を運ばなくて良いので、その方がいいですね。


次は、6/12(火)に、2回目の会社説明会です。
また、説明~1次選考とさせて頂きたいので(説明を聞いて選考を希望されない方は、そこでご退席頂いてもちろん構いません)、履歴書をご持参願います。

社内のスケジュールとしては、その後すぐに社内審査を実施し、2次面接のご案内をして、最終面談の上で内定という流れです。
内定は、6/下から遅くとも7/初には、出して確定させたいと考えています。
できれば、各社合わせて5名程度採用したいのですが、次回の説明会へのご参加次第ですかね。


今回の反省点としては、グループ全体での採用活動であるため、サイトイメージも若干何をする会社なのか?どんな仕事をするのか?などの焦点がぼけてわかりにくいことですね。
少し、サイト構成などを見直した方がいいかなぁ??
やはり、初めてなので色々と反省点はありますが、2009新卒採用を始動させて行く中では、活かしていきたいですね。
それと、新卒採用は単に新入社員を迎えると言うことだけではなく、現在の社内の風土や、人材育成や組織の在り方に、大いに良い影響があると感じています。
これほんと重要で、こういう活動をトリガーとして、会社全体が成長していくという空気が見えますね。

さて、次回6/12が最終の説明会+1次選考なので、ぜひ多くの方のご参加をお願いします!
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.8 会社説明会

2007年05月31日

いよいよ明日は一回目の会社説明会です。

担当者は、資料の準備やエントリー頂いた学生さんへの連絡などで、バタバタしているようです。
先週は、会社説明会に先立って、地元堺商工会議所主催の就職フォーラムに、株式会社モバイルビズが出展し、12名の学生さんに実地でエントリー頂きました。
ぜひ多くの学生さんにご参加頂き、当社を知り興味を持ってもらい、採用の流れに参加してもらえればと思っています。

今回の会社説明会ですが、もう時期も時期なので、一次面接を兼ねて実施します。
グループで採用を実施しているので、どの会社のどの職種を希望するかなど、若干わかりにくいと思いますので、ぜひ説明会で納得できるまで担当者に質問してもらえればと思います。
恐らく20名程度まででの実施となりそうなので、個別に時間が取れるのでは?と思ってます。


当社グループの今年度は、現在のところ会社によってもちろん状況の違いはありますが、ある程度想定通りの実績で推移しています。
来春以降の新人には、研修などを整備の上で育成を行いつつではありますが、結構早い時期に苦労をしながらも実務をこなしてもらいたいと考えています。
本社機能については、現在堺市の三宝と言う、60年にもなる創業の地となっていますが、モバイルビズ・モバイルスタッフ・スマートバリュー・SDVホールディングスの4社については、移転の上で就業環境統合を計画中です。
大阪市内又は堺市内にて、新しく環境の良いオフィスへの移転が実現できればと考えています。
その他では、東京の出先機関の設置なども、今年度の課題ですね。
地に足をつけた本質的拡大の中で、時代とマーケットの変化に応じて新規事業分野や新たな商圏への活動を進めたいくフェーズですね。
そう言った意味でも、若い力に期待をしています。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.7 応募状況

2007年05月25日

今週は、出張だなんだでこちらの更新が遅れました。
今回の出張で、旧知の人材コンサルさんと東京でお会いしましたが、自分が普段考えている従業員満足度向上を最低限のスタートラインとして、もっと考えなければならないことの根拠が持てました。
何も、「甘やかす」という話ではなく、「満足度」なので、納得感を持って仕事ができるという感じでしょうか。
大卒新入社員の30%が3年以内に転職をするということは、当社のような企業規模であれば、50%は辞めてしまうというのが、平均的な国内の状況であると思います。
そんな中、私たちが事業推進・会社経営という枠組みの中に、人財という最高に大切な要素を、どのように考えているかを、日々の業務で発揮でき、風土とならなければいけないですね。

先週マイナビもリニューアルし、今週はDMなども送らしてもらっています。
取り合えずこの時期ということもあって、ある程度はエントリー頂いてますが、まだまだ目標よりは少ないですね。
なかなかマイナビだけでは実体的にどんな会社か伝わりにくいとは思いますが、社員のことを真剣に考え、社員にコミットしていることだけは確かです!
まずは、その大前提をもっと社内風土として強く育て、次代を担う社員たちと一緒に事業を推進したいと思っています。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.6 マイナビ明日リニューアル!

2007年05月17日

日程の関係で、マイナビの表示が現在は写真なしのミニマムモードになっているが、明日(5/18)から取材内容を反映し写真入りのモードにリニューアルされます。

当社の事業内容は、結構わかりにくいところがあるかと思う。
おまけにグループでの共同採用活動なので、余計に焦点がブレやすく、ミニマムモードの表現では、何をやっている会社か、かなり分かりにくかったような。
なので、明日のリニューアルで少しでも、理解頂ければ....アッでも、事業内容より社員が登場するところが多く、風土の理解は進むが具体的な業務となると、あんまり今と変わらないかなぁ~

やっぱり、会社説明会に来てもらうのが一番ですかね。

確かに、サイトではわかりにくいかも知れませんが、一番おもしろいフェーズに差し掛かっていることは事実で、ベンチャーしすぎることもない一定の安定の中で、次のステップを目指してイノベーションを起している段階を一緒に苦労しながら楽しんでもらいたいと思ってます。
  • 投稿者 shibuya

2008新卒採用Blog Vol.5 NOMOベースボールクラブ

2007年05月12日

aa.JPG



今回は土曜日だし、軽い話題で。

モバイルスタッフの社員である、杉原君・本郷君の二人は、NOMOベースボールクラブという大リーガー野茂投手が理事長を務めるクラブチームの選手です。

http://www.nomo-baseball.jp/

プロ野球選手も輩出するこのチームで、毎日仕事が終わってから遅くまで練習に明け暮れているとのことで、今日は都市対抗野球大会 大阪・和歌山一次予選の試合を見に行ってきました。
試合会場は、NOMOベースボールクラブのホームグラウンドである、新日鉄堺内にある“堺浜野球場”で、会社から車で5分なので、「ちょっと行ってきます...」のノリで^^;

結果は、15-0のコールド勝ちで圧勝でしたが、4番打者の本郷君はホームランを放つし、2番手投手で登場した杉原君は1死球を与えたものの、2奪三振で2回を完璧なピッチングでした。
本郷君は、大阪学院大卒のルーキーで、杉原君は高校卒業後ロッテにドラフトされ入団という経歴の持ち主ですが、今年からNOMOベースボールクラブで心機一転のようです。

で、野球選手な二人ではありますが、強豪とは言えあくまでもクラブチームなので、やはり働かなくてはいけません。
現在はモバイルビズが運営するドコモショップ堺大浜店にて、一所懸命に携帯電話の販売やサービスの紹介をしています。
それにしても、さすがに野球選手なので、体もデカイけど声もデカイ^^;
元気いっぱいで顧客対応するもんだから、お店の雰囲気はとても良く、練習時間に間に合うように退社しなければならなかったり、試合があると休まないといけないという制約はあるけど、ほんとイイ風土を作ってくれてます。

チームの目標と聞いてますが、都市対抗野球大会への出場とかって話しになれば、是非ともみんなで東京ドームへ応援に乗り込みたいですね。
  • 投稿者 shibuya

ページ