ブログの渋谷

WC!豪州戦

2006年06月13日

先ほど、サッカーワールドカップの緒戦が終了し、ご存知の通り日本が1-3で敗れた。
TVの解説者は後半の日本の戦い方を素晴らしかったと伝えているが、ほんとうにそう??
スポーツをやっているとは言っても、自分とはレベルが違う世界で戦っている人たちなんで、当てはまらないのかも知れないが、後半の日本を見ててそんなに素晴らしかったかなぁ...
DFはがんばっていたとして、MFとFWのイケテナサには、かなりがっかりだった。
シュートが入らないではない、シュートを打たないが、がっかりの原因の一つである。
思い切ったプレーでのミスではなく、小手先のプレーでのミスも、がっかりの原因だ。
でもそれ以上が、たぶん暑いを言い訳にした動きの鈍さである。
本当に最後まで死に物狂いでやったなんて、全く感じない。
いつからそんなに強くて余裕のあるチームになったんだと思った。
同時に采配にも、偶然入った1点なのに何を勘違いしたのか、勝っているこその試合展開なんて....
「勝っている試合としてコントロールするから、動きが緩慢でもいい」
「勝っている試合としてコントロールするから、消極的でいい」
こんな試合中の心の言い訳が聞こえてきそうである。
負けるべくした敗戦だ。

1点リードした順境の時こそ逆境を見て、死に物狂いで来る相手に隙を見せない強さでないといけないし、反対に逆境に陥った時には、順境を信じて相手の隙を徹底的につかないといけない。
精神論で何ともならないレベルの世界はあるが、それでもやはり気持ちの持ち方一つで勝敗が振れる範囲がある。

論理は重要であるが、論理で片付かない精神の世界も必ずある。
所詮はすべて不確実な人間のやることなんだから。
だからこそ、逆に言えば人間は素晴らしい力を発揮することもある。

自分自身もテクニックは必要ではあるが、大前提の初心を忘れることなく、言い訳せずに精一杯死に物狂いでやる!っていう気持ちを無くしてはいけないなぁと感じた。

※きっと選手は精一杯であったろう。
その精一杯の表現の仕方と手法が難しかったわけで、シンプルにストレートな手法であれば、精神的にも楽で、もっとメリハリが利いていたと思う。
大舞台ほどシンプルがいいものだ。
  • 投稿者 shibuya

悲しいこと...うれしいこと...

2006年06月10日

悲しいことがあった。
すべては自分の許容の狭さであり、人間としての成長が進んでいないことに起因する。
これから会社を信じるベクトルに向けて推進していく重要なフェーズなのに、自分自身がミスを言い訳をしているようじゃお話にならない。

うれしいこともあった。
来週、新しくオープンする店舗のスタッフと顔を合わせた。
あまり話はできてないが、何はともあれ新しい仲間が増えることはとてもうれしいこと。
これから苦労はあるだろうし、働くことの意義なんてまだまだ認識を共有できるところまで行き着かないとは思うが、店舗の店長が感じる責任と同様に、私は会社全体としての責任の重さをこういう機会に十分認識しないといけない。
  • 投稿者 shibuya

日本人の心と小規模集団での振る舞い

2006年06月05日

昔より大変お世話になっている某社の会長さんから、“目からうろこ”というか、“初心忘れるべからず”みたいな話を聞くことが出来た。
グローバリズムの競争社会で、大手企業の役員クラスは自己保身を行いながら、何とかその期間をミス無く無難にこなそうとする傾向がある。
その期間の数字のためなら、コンプライアンス上問題になるようなことはダメだが、昔からの商売モラルとか、人の連関性の中での大切な振る舞いをおざなりにすることも普通になってきており、日本人らしい小規模集団の中での家族的経営やお世話になった方への義理人情などが失われていることを示唆する内容であった。

働き始めた頃から、冠婚葬祭の大事さを教えられたけど、これは年齢を重ねるのと同時にその意味がわかり始める。
これは想像でしかないけど、グローバリズムとか言って、日本的な慣習を軽視する向きもあるが、案外欧米のできる人たちほど、日本的なそういう人の連関性を重んじているように思う。

多くの日本人が勝手に思い込んだ欧米型経営って、何か違う。
そういう要素も含め、日本人である自分たちのポリシーも含め、ベストな手法に向けて最善の努力をすることが重要であって、自分で考えずに周囲と同じ手法を踏襲し目先の利益を追いかけるのではあまりに芸がない。

ただ、少しだけ想うのは、自分たちがどれだけできているかと言えばまだまだなのだが、大手企業がそういう目先の数字を追いかけ、10年20年30年のスパンで事業を見にくくなっているのであれば、私たちは徹底して自分たちの信じるベクトルに対して、目先のことだけではなく事業を推進することが結構先々大切なことのような気がする。
  • 投稿者 shibuya

ブレークスルー

2006年06月01日

以前に、“突破力”というタイトルでこのblogに書いた。そういう本もあるらしい(読んでないけど...)
“ブレークスルー”も突破という意味では同義語であるが、個人的に少し捉えが違う。
“突破力”はかなり精神論に近くて、モノの見方考え方を指し、“ブレークスルー”は突破するために必要な情報や手法を駆使し、戦略的に成果を確実に見出すと言うイメージがある。
何となく大前研一の仕業か^^;あんまり知らないけど.....

今年度早々から、絶対にやりきる確固たる決意を宣言した。
その手法を検討し進める中で、なぜか非常に深みのある考えから静かな自信が湧き出してくる。
自分の生き様に照らしたフィロソフィーが確固たる芯となり始めていて、その発想の基盤に成り立っているので、すべてが納得がいき、無理がなく、自然であるからだと思う。

ブレークスルーを成立させるために、情報を収集し、検討を進め、いろいろな方々との連関性の中で、確実に実践する。
しかし、実際にはまだまだ入り口に立っただけで、これからホンモノの能力が必要となる。
驕らずに真摯に、客観的な視点を忘れず、冷静に実行する。
近い将来、今の時期が大きなターニングポイントだと思えるように。
  • 投稿者 shibuya

箱根

2006年05月27日

060525_053148.jpg

生まれて初めて箱根へ行った。
某メーカーさんの会議ってことになっているが、まぁそれはそんなもんで.....
初日大雨の中、会議と懇親会だったが、翌朝は打って変わった快晴!
芦ノ湖から富士山を望む眺望の中、早くから散歩をして、すごく気分がよかった。
なかなか、こんな景色は箱根でも見ることができないらしい。
やっぱり何でも運がいいんだなぁ~と、こんなことでもプラス思考で^^;
  • 投稿者 shibuya

社内レク!

2006年05月22日

社内レク1.JPG


5/13-14と近場の舞州スポーツアイランドで、社内レクリエーション大会を実施した。
日ごろの体力不足解消と新しいメンバーも加わっているんで親睦を兼ねての開催。
スポーツは、卓球・バトミントン・バスケにテニス......あとはBBQで。
BBQは、朝からの買出しで、鶏・牛肉・イカ・貝柱にタラバガニとなかなか豪華。
いつも活躍の生ビールサーバもしっかり登場で、なかなかでした。
いやぁ~すいません、飲みすぎまして^^;
また、何かの形で続けていきたいっすね。
  • 投稿者 shibuya

DIRTY PRETTY THINGS

2006年05月11日

珍しく軽い話題で...
久々にグッとくる音楽と出会った。
DIRTY PRETTY THINGS......カッコよすぎる!
元ザ・リバティーズのカール・バラー...かなりヤバイです、コレ!
"WATRELOO TO ANYWHERE"間違いなく最近のベストアルバムだよ。
"BANG BANG YOU'RE DEAD"がシングルカットされてるけど、早くもUKチャートTOP10入ってるし。
ほんと、大音響でトリハダもんです。
DPT.jpg
http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/uicr1047
  • 投稿者 shibuya

真理に至る道程

2006年05月10日

“自らに降りかかる運命はすべて自らの責任である”
当たり前のように今までも言ってきたことだが、先日ある人からも同じ話を聞いた。
多くの人が、こういう信念の元に成長を続けるのであろう。
例えば会社であれば一定のレベルと言うか、規模感、質を含めた成長を遂げ始めると、自らに傲慢と慢心が生まれるのは人の性である。
いつまでも素直に、“すべての運命はすべて自分の責任”として、事業を遂行できればいいが、現実的には戦わなければならないことも往々にしてある。
恐らく、より会社のポジションが向上し、バリューが高まれば、戦う必要が無くなる又は戦い方において、よりドライで戦略的になるんだろうから、当然の如く降りかかる運命は自分の責任と感じられるようになり、理不尽なことが少なくなる気もする。
そう思うと、会社の成長フェーズと自己責任を全うする姿勢と理不尽なものや力負けしないために強さを押し出さなければならないバランスが必要となる。
きっと、そのバランスにおける葛藤を繰り返しながら、常に自問自答し、真理を見出し続ける苦しい旅を続けることが、特に今の世の中においては、しんどいからこそ大切なんだと思う。
「負けない強さ」が無ければ本当の優しさを語れない。
「自己責任を全うする視点」を持ち続けなければ、傲慢と慢心によって成長が阻害される。
成長しなければいつまでも理不尽で非効率で非生産的なものと付き合わなければならない。
  • 投稿者 shibuya

このBlogも...

2006年04月30日

このBlogに書いてるのが、結構マジメで精神論的な内容が多い....とある経営者に言われた。
確かにその通りで、のんびりした話とかもうちょっと安らぐ内容にはなってない。
私自身は、それも会社のフェーズだと思っている。
同時に当社の顧客であったり、目指すべきベクトル、扱っている商品による部分もある。
まだまだ大人になれていない会社と経営者なので、フェーズと言う意味では、言い訳の温床をわざわざ作ることは避けたいものだ。
ただ、一定の基盤ができれば、社員の安定したモチベーションのために、そして企業としての最終的な価値のために、優しさと人間味のあるマネジメントを行いたいという気持ちが強い。
案外、株主第一主義、利益優先を目指すことの手法論は、そういうことに直接的な手法を用いるのではなく、間接的にイメージ(日本人的、優しさ、エコロジーなど)を構築し、ブランドにすることだと思う。
IT企業にはそういうイメージが不向きであるから余計に自分たちらしさを大切にしたい。
このBlogに時々書いている、日本人論、グローバリズム論などは、すべて当社がどのような理念に基づいて、企業の本質を追及するのかのための基本的な考え方である。

自分の能力的に、且ついろいろな意味の企業としての余力という要素でも、安定した歩みで進みたい。
ただそろそろ年齢的に厳しくなってきたなぁと感じるので、もう少し加速しようか。
上述のようなフェーズ移行も、徐々に進めなければならない。
20代30代の社員の10年後20年後30年後に、自分はコミットしている。
  • 投稿者 shibuya

公器

2006年04月27日

会社とは、現在の社会の中では非常に尊い公器であると認識している。
公器であれば、必ず社会に役立つミッションを持ち、それにより継続的な生産活動(知的なもの含め)が行われ、世の中のお役に立ちながら、関わる人々の生活を豊かなものにする。
これって、どこにでも出てくる当たり前のことだけど、実際の経済活動で明確な意識として持てているかと言えば、案外そういう会社の方が少ないかも知れない。
その昔、関係会社の自動車関連の事業部で、街宣車に装着する大型の拡声器の販売取付という仕事が入った。
その時に、法的な根拠はわからないが、こういう仕事をして良いのか??という強い疑問を持って上司に尋ねたら、大型の拡声器は利益率がいいから.....という回答だった。
利益と社会性のバランスを追及しなければ、結局は社会に根ざした本物の会社になれず、いつの日か退場させられるだろうと思う反面、“公器”という足枷が、成長を阻害しそうになるケースもあるのだと思うと本音として微妙な感覚である。
単純に成長を阻害するだけならまだいいが、日々のキャッシュフローに影響を与えるとなると、経営者はどんなものにでも手を出してしまうだろうなぁと考える。

そうか、最初から公器である会社になるという選択肢以外はないと決めておこう。
なかなかバランスは難しく、日常的な業務の中にどこまで信念を持ち込めるかってことはあるけれど、選択肢が他にない以上は、それを目指すのみ。
当たり前のことだと思われるかも知れないが、その当たり前な感性を会社のフィロソフィとして浸透させなければならないほど、社会の感覚が崩れ始めているようにも思う。
だからこそ、そこに一本筋を通すことに価値があるのかも知れない。
  • 投稿者 shibuya

ページ