ブログの渋谷

最近の動きから

2006年12月16日

最近の外向きな仕事の中で感じたことなどを書きたいと思う。

まず、11月下旬に三菱電機の関係で、タイ工場へ行ってきた。
タイって、ほんといい国だなぁ~と感じたのと、改めて世界にある多様な価値観を認め、その上で事業展開が必要な時期がなければならないと思った。
三菱電機のタイ工場での感想は、高度経済成長期の日本メーカーの工場と同じような風土だと言う事。
工員の緻密さは現代の日本人以上だそうで、穏やかなお国柄も含めて、生産の場としては全体的にはるかに中国以上だと感じた。
日本人との親和性がいいことも含め、非常に好感が持てる国である。

その前には、友人を訪ねてソウルを訪問した。
実はソウルは初めてだったが、こちらも想像以上であった。
7~8年前に釜山へ行った時には、かなり閉口する面も多々あり、あまり良い印象はなかったが、今回のソウルはまったく感覚が違う。
ほぼ、東京に近い印象で、街も美しく細かなところまで整備が行き届いていた。
私は勝手にだが、海外の国を感じる一つの指標に、道路交通マナーを必ずチェックしている。
以前の釜山は、現在の上海に近いような乱暴さと、ドン臭さが入り混じった感があったが、今回のソウルはかなり洗練されており、皆が言うほど交通マナーが悪いという印象はない。
上海の何というか乱暴で、スピーディで、交通量が多く、デカダンスな風を見れば、どこもマシに見えるのかも知れないけど^^;
また、友人たちと、洗練された地区にあるバーなどにも行ったが、マティーニの味がイマイチだったのは、店個体の問題か。。
こちらも、上海のバーのマティーニに比べると、格段に良かったことは間違いないけど。

先週は東京出張があった。
新たに取引を行えればと考えるお客様との接点もでき、今後の事業展開を手伝ってもらえそうな方々とも話ができた。
私の主観だけど、東京と大阪の差ってどれくらい??と思うと、私たちの業界で考えれば30:1程度の差があるように思っている。
東京一極集中に警鐘をと言うが、多いところに集まるのも日本人らしくていいような気がする。

こうやって、普段の業務以外で新しい何かに触れたり、価値観を感じたり、人と出会ったりすることが、どれだけ重要かと言うことは、なかなか日常忘れがちである。
何かの機会には必ず、それをチャンスと考え、しかしバランスを持ちながら活かしていきたい。

今回はほんと今年後半以降、会社の分割や体制の整備などで、やっとスタートラインに立とうとしている状況の中なのに、既存の考えやリソースに縛られ、早くも大勢に巻かれてしまいそうな状況を深く反省し、スピード感を持って、やるべき事は進めないといけないと強く感じた。
2010年なんて、あっと言う間に来てしまう。
  • 投稿者 shibuya