ブログの渋谷

MNP

2006年11月04日

MNPが始まってすでに10日程度が経過している。
ここまではポートアウトが若干多くはなっているが、スタッフの頑張りで店頭での阻止も多く報告されており、本当に良いスタッフに恵まれていると感じる。
同時に、ドコモさんの姿勢も含めて、ジタバタせず奇をてらわずにしっかりと準備してMNPに店頭のオペレーション含め対応する手法が、現状では良い流れを生んでいると感じる。
シェアが一番なのだから、ある程度ポートアウトが多いのは仕方ない側面も当然あるのだが、MNP開始後の件数を見ても顧客が冷静な対応をしている現状で、やはり目先に捉われずに、しっかりと店作りを進めることが大切であると再認識した。

予想外のSOFTBANKの話である。
予想外.....いや、全く持って予想通りの展開じゃないか!
マーケティング重視で、一人でも契約数を増やし、インフラに投資せずにソフトバンクに高値で売りつけた外資Vodafone。
予想通り、Yahoo!BB等と同様のマーケティング重視型の手法で、目先取りあえず契約数を増やすことに注力し、一定のコスト試算の上で、インフラ整備も行おうと考えているソフトバンクだが、そのコスト試算は絶対に甘い.......と何も知らないけど勝手に言い切る^^;それがこの世の常だから。
持株会社ビル屋上にもソフトバンクの基地局設置のお願いが来た^^;
結果は当然.......なんだけど、土地買収のケースなども含め、そもそもそんなに簡単にここまで他キャリアが努力してきた基地局設置が進むとは思えない。
メールサーバにせよ、店頭でのオペレーションにせよ、あらゆるリスク管理にせよ、他キャリア及びその代理店が、とても深い想いの中でしっかりと根付かせてきた文化を、そんなに簡単に整備できるはずもない。
ADSLという新たな分野で、総務省との関係性の中から進めたYahoo!BBとは全く持って環境が違うのである。

私は別にソフトバンクが嫌いな訳でもないし、Vodafoneに比べると格段に期待しているし、他キャリアと同様国産で頑張ってほしいと思っている。(お金の出所は??だけど)
ただ、あまりに未熟で〝日本人〟の感性を無視しては、せっかくの市場活性化のためのMNPも、興醒めになってしまう。
このまま根本的な対策を講じず、基本的なモノの考え方を改めなければ(投資家に説明して納得させることができなければ)、また次の問題が噴出してしまうような気がしてならない。
結果、迷惑を被るのは常に顧客であり、業界全体である。
私が偉そうなことを言える立場ではないが、ぜひ携帯電話という稀代の通信インフラであり、わが国が世界に対して勝負できる可能性がある、モバイルインターネットやモバイルファイナンスなどの分野の健全な発展のためにも、レガシーな社会インフラを担う事業者としての安定的な取り組みを行ってもらいたいと願う。
  • 投稿者 shibuya