ブログの渋谷

まちづくりのデジタルシフトとCPS/IoT社会

2019年09月18日

CPS/IoT社会が進化していくって論調と、まちがデジタルシフトしていくって定義は、割と近い

概念だと思っています。
まちのデジタルトランスフォーメーションというのも同義でしょうか。
結局何が言われているのかって話ですが、現在の社会課題や未来の人口問題などを想定すれば、
「行政や社会コストの削減」「生活の利便」「共感を育む体験」「多様性の理解とそれへの対応」

「まちづくり=新しい公の成立」「まちのプロフィット化」などが目的として掲げられ、その結果

持続可能性や創造的な価値創出につながっていくんでしょうね。
その中核になるのが、CPS/IoTやデジタルシフトによって得られるデータであることは、データ

ドリブンな社会を指向する上では誰もが理解していることでしょう。
だけど、実態的にそのデータが何に活用されることで、上述のような目的を果たすことができるのか?
について、明確に事象毎に捉えて実践まで至っているケースはまだまだ多くはありません。
Googleがトロント市のIDEAで実践しようとする未来都市の構造も、結局データの取得→分析という

ことだけど、なぜGoogleがこれを進めるのか?を考えれば、おのずと近しいマネタイズとしては、
広告モデルを想起してしまうし、中期的視座ではまちのすべてのリアルなデータを押さえることで、
今までサイバー空間でのデータが主であった巨人たちが、リアルデータと融合させることで、より

強大な帝国を築こうとしているとしか思えませんね。
なので、まちづくりのデジタルシフトは、まずまず行政(社会)コストの削減や利便、共感性という

視点からの導入だと思いますが、それらによって獲得したデータは、より社会的意義やまちの持続

可能性などのパブリックセクターとしての概念を持って事業化しないと推進は無理だろうなぁと思って

ます。
しかしその考え方では、資本主義の中で民間企業としての収益を生み出しません。
というか誰がお金を支払うのか?という議論になってしまいます。
なので、行政(社会)コストが削減されたり、まちのにぎわいが創出できたりして経済的価値をもた

らすことができれば、データが明確なエビデンスとして、その価値に対するPFIのVFM的な発想

で資金を行政が、または社会が拠出するという枠組みになればいいなと考えてます。
そういう視点で考えれば、おのずとデータドリブンな社会において、データを何にどう活用するのか
を考えることができます。
データドリブン社会とは、極めてヒューマンドリブンな社会であり時代でもあります。
単に巨大企業の収益のためにデータが使われるのではなく、生活の利便や共感、にぎわいの創出など、
極めて「ヒト」を中心に置いた社会であるべきで、そのためにデータは活用されるべきですね。
という大原則のイメージで推進していきたいと思っています。




 

  • 投稿者 shibuya

好きなことをやって生きていく

2019年07月24日

働き方が変化しようとしていますね。
労務的な話ではなく、「嫌いな仕事はイやだ」って公に言えるようになってきたってところに
本質があるように思います。
昔は、この社会を維持していくために労働することが当たり前で、誰もがその常識を疑うことも

なく、組織の中でいろいろあっても、嫌な仕事であっても、黙々と頑張っていました。
もちろん今現在も大多数の方が同じ状態ではあると思いますが、少しずつ変化が見えてきましたね。
嫌いな仕事をイヤイヤやっていてもモチベーションも上がらないし、生産性も低いので、結果的に

社会に有用な価値を生み出しにくいってところに問題があるのですが、それを組織論を振りかざして、
古いタイプの上司が「仕事がんばれ!」って言わなければ維持できない事業の状態というのは、

早かれ遅かれ崩壊するなぁと感じています。
では、会社は事業をどのように考えるのか?ってことになるのですが、ポイントは「価値を創出できる

仕事」であることと「その価値が意味的であって、ストーリー性に満たされていること」さらに
「その意味的価値を理解して、だからこの仕事をするんだ!に納得できていること」が挙げられます。
「何をするか」が大事だった時代から「なぜするか」が重要な時代に変化してきました。
この意味的価値に納得するからモチベーションが湧くし、それが「好きなこと」になるわけです。
そしてワクワクしているから生産性も上がるし、価値が創出できる。
経営者(事業家)は、そんな事業をデザインしないといけませんね。
「好きなことだけやって生きていきたい」と思う(そしてそれでも生きていける)人たちと一緒に、
さらに今まで「嫌いなことでもまぁまぁ頑張ってきた」自らクリエイトは難しいけど素直な素養の
人たちとも、意味的価値を創出できる事業へとこれからの10年をかけて転換していくことが大事だと
考えています。
結局はすべて私たち経営者の自責であって、そんな事業をデザインできるかどうか!に尽きますね。
「好きなことをやって生きていきたい」という方々を、わがままだと否定するなど時代遅れだなぁ
と思います。(まぁ一部ほんとに勘違いしているTakerもいますけど 笑笑)

 

  • 投稿者 shibuya

「加賀POTAL」とGoverment as a Serviceのリリース

2019年06月06日




デジタルファースト法案も可決しましたが、そのタイミングで1年がかりで検討、実装していた
Goverment as a Service(GaaS)と名付けた住民ID基盤と、その上のアプリケーションである、
「POTAL」という仕組みをローンチしました。
宮元市長、そして加賀市職員のみなさんの本気のご尽力で実現できたもので、頭が下がります。
と同時に、甘い気持ちでやるべきではないと、地方自治の現状を鑑みて、強い意志を持って取り組みたい

と思っています。
これ、自分で言うのもなんですが、電子自治体のモデルに向けて、民間が現時点でできるという意味では、

相当突っ込んでいるんです。
マイナンバーの公的認証と連携しつつ、今後はこの基盤の上に、手続き系など多くのアプリケーション

を構築していきたいと思っています。
5年10年かかると思いますが、本気で取り組むための第一歩。
シッカリとホンモノを創造していきます。

 

  • 投稿者 shibuya

モンテネグロ出張

2019年06月06日





5月の終わりに旧ユーゴスラビア、モンテネグロに行って参りました。
2003-2006のセルビア・モンテネグロを経て、2006年に独立した人口62万人のバルカンの

国です。
美しい自然とおおらかな国民性。。。「世界一働かない国」と聞いていたのですが、行って

みるとちゃんと働いてはります(笑)
そのことを言うと、世界一働かないのはギリシャだ!って怒られました。
EU加盟を5年以内に目指していますが、やはりサッカーとバスケットにおいても、ヨーロッパ

チャンピオンズリーグの話題になるなど、欧州の国家だな・・・と意識できました。


今回はご縁があり、政府関係者や大学関係者とのセッションも行え、充実した2日間の滞在

でしたが、帰国後もやり取りがあり、今夏提案書を持って再訪問することになりそうですね。
国家レベルでの電子政府モデルですから簡単ではありませんが、現地に根差すつもりで
チャレンジしてみたいと思っています。

 

  • 投稿者 shibuya

2019入社式!

2019年04月19日




遅くなりましたが、2019年春!平成最後の新卒新入社員の入社式~
若い社員に任せていたら、なんか私たちには恥ずかしいメルヘンな仕立てに(笑)
でもいいんです!それで・・・
楽しむときは楽しんでいきましょッ!
今年も社会人1年目を迎えるヒトタチとのご縁に感謝!

 

 

  • 投稿者 shibuya

株式会社ノースディテール設立

2019年03月22日




3/1付けで、札幌の地に株式会社ノースディテールを100%子会社として設立いたしました。
株式会社INDETAIL様から新設分割の上で譲り受けた70名のエンジニアを抱えるテック企業です。
INDETAIL様が育ててこられた事業を引き継がせていただく形ですが、今までの歴史を大切にすることを

大前提としながらも、私たちなりの新しい視点も加え、21世紀に通用する仕組みを社会実装していくことを

心がけながら、未来への価値を創出していきたいと思っています。
特に「モビリティIoT」と「デジタルガバメント」の領域において、市場がこれだけ活性している中で、
専門性を有したエンジニアチームとご一緒できたことは、本当に意義深く思っており、北海道から世界に

向けた展開を加速させていきたいと思います!

※写真は3/1朝礼後の集合写真・・・緊張感と不安とぎこちなさしかない(笑)

ノースディテール社も私が代表を務めさせていただきます!
ぜひともスマートバリュー同様に、末永いご縁になりますように!

https://www.northdetail.co.jp/


 

  • 投稿者 shibuya

恐怖をコントロールすること

2019年02月14日

 最近私には全く関係ないのですが怒ってるヒトを良く見かけます。
イライラしているなぁ・・・と思うのですが、なぜイライラしているんだろうと考えてみると、

何かの結果が怖いからそれを回避するために自分の立場や意見をキツく主張してみたり、他者

の意見や行動を非難してみたりしているのかな・・・と。
この「怒る」という行動ではなく、未来に起こりうる可能性に対する恐怖や不安を意識した時に

「怖がる」「悲しくなる」「憂鬱な気分になる」とかってことになりますよね。
そう考えると、自分の人生の物事を考えている時間の中で結構多くの時間を、この恐怖や不安、

心配事について考えていることがわかります。
でもね・・この不安を感じて行動が鈍ったりストレスを抱える時間ほど、無駄なものはありません。
自分は今まで「未来の恐怖が何なのか?」→「それは本当に関わるべき恐怖なのか?」→「関わる

べき恐怖なのであればそれはどういう要素に成り立っているのか?」→「最後はその恐怖を回避

するための手法」という順番で思考していたことに気づきました。
この辺は、実践していたけどロジックとしては識学さんに気づかされたところでもありますね。

 恐怖や未来への不安から行動が鈍ったり、悩んだりする時間って、人生で一番無駄な時間だと

思っているので、この恐怖や不安に対峙するプロセスをどれだけスピーディにコントローラブルな

状態にするのか!が大事だと思っているんですね。
そもそも関わる必要のない恐怖や不安からは、離れて関心も持たず忘れるってことです(笑)
 主体者として関わるべき恐怖や不安に対しては、95%くらいまではキチンと要素を整理すれば突破

手法(回避行動)を思いつくので、この整理をすることが大事ですね。案外雰囲気だけで怖がっている

ことも多くて、キチンと要素を具体的に分析すれば必ず回避手法が見えてきますから。
“な~んだ大した問題ぢゃないな!”って思えることがほとんどです。
もちろん、その回避手法が上手く機能せず成立しないこともありますけど、それでも恐怖や不安に

苛まれて時間をウジウジ浪費することを思えば、前を向いた行動をすることは、新しい経験を積み

自分をアップデートする貴重な時間になるんですから、この違いは大きい!
 さらに確たる回避手法がどうやっても考え付かない残りの5%ですが、まぁもうこれは装備も持たず

に戦場に戦いに出るくらいの覚悟を持って、振り切って笑顔で乗り越えるしかありません。
その負荷はタイヘンなものですけど、とは言え世の中に解決しないことは無い!という前提を考えれば、

死なないだけマシ・・・くらいの気持ちでやり切る気概(根性論^^;)ですね。それでも不安な気持ちで

行動しない時間を費やすよりは、過去の自分の経験の中に回避手法が見つからなかったことでも、その

具体的な負荷の中で戦うことで新しい経験ができますから。

 ということで人生の時間やストレスの基になる恐怖や不安って、ロジカルにコントロールする方法が

あるなぁと思っていて、それが時間を有意義なものにして、不安を解消し、自分をアップデートでき

るってことに繋がるんですね。

 

  • 投稿者 shibuya

2019年謹賀新年!

2019年01月04日

 

 

みなさま
2019年 あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
そして本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年の10/23以来更新ができておりませんでしたね。。。
あれから今日までの間では、12/7に東証一部へと市場変更が実現できました。
これも株主さまはじめ、ご支援いただいたみなさまのおかげと感謝申し上げます。

そして、2019年。
今年の方針としては
「普遍的な原理原則に立ち戻る」~ヒトを中心に置いた経営へ スマートワークの実践~
としています。
具体的には

①当社のミッション実現に向け、CPS/IoT社会・デジタルソサエティへの取り組みを推進し、

国内のみならず海外へも挑戦していく

②稼ぐ力向上(付加価値度の向上)

③思い切った人材戦略の立案と遂行、働く環境の整備など「ヒト」にフォーカスした経営の実践

④ガバナンスおよび内部管理体制の強化、統治のバランス、中間層の更なる成長、自由自律の

勘違い排除など、定義とルールの整備および浸透を図る

⑤広報とブランディング機能の強化、外部発信力の振り切った対応

⑥そして未来への期待を描けること

JQへのIPOが2015年6月。そして東証一部に2018年12月。
とはいえ、ようやくこれでスタートラインに立ったという印象です。
2019年は、さらに成長を加速させるために、強いチャレンジを実践するつもりです。
そしてそれは「事業の成長」「ガバナンスや内部管理体制の整備」「ヒトを中心に置いた経営」の
三位一体で推進しながらですね。

2019年!
みなさまとのご縁を大切にしながら、原理原則通り一歩ずつ誠実に、そして働く環境の整備など
人材戦略を推進しつつ、今まで以上にスピーディに走っていきたいと思っています。
熱狂の一年!どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

  • 投稿者 shibuya

Digital Society

2018年10月23日

当社のミッションは「スマート&テクノロジーで歴史に残る社会システムを創る」と定めています。
それは、20世紀工業化社会時代に構築された社会の枠組みが、情報通信革命によって大きな転換を
迎える中、バーチャル空間だけではなく、フィジカル空間含めた社会の新たなインフラを生み出す
という意味を込めています。
政府は、Society5.0という表現をしていますが、まさしく私たちが21世紀に入った頃から推進して

きたストーリー性を持つ事業ミッションは、それに合致しているなぁと強く感じています。
「モビリティ」については、MaaSが移動革命をもたらし、スマートシティの基盤を構成するわけ

ですし、「ヘルスケア」もデータ駆動型の社会のあり方へのアプローチの一つです。
そして「公共財のプロフィットモデル」は、まさしく新しい公に資する新たな枠組みを創出します。
「デジタル・ガバメント」は、これらのベースとなる住民情報との連関や、行政サービスの進化を

司り、「スポーツやエンタメ×IT」の世界は「コト・トキ」消費の中で、体験や感動を育む、

ヒューマニスティック社会にとって重要なコンテンツとなっていきます。
こういったバーチャルとフィジカルが融合したデジタル・ソサエティの社会観こそが、当社が標榜

する情報通信革命期の新たな社会資本のあり方ですね。
まだまだ超えるべきハードルは高いですが、一歩ずつその方向へ社会が進んでいる中、どこに
ポジショニングするのか?の決断は、非常に重要です。
JASDAQ市場に上場して3年。今年は東証2部への市場変更も果たし、これからの3年5年は、まさに
時代の変革のど真ん中で事業をスケールさせていくタイミングになりますね。
難しいことは多いですし、既得権益との戦いや、原理原則に反する人たちを敵に回してしまうことも
たくさんありますが、それこそ歴史に残るような社会の仕組みの創造を目指して、ワクワクしなが

ら突っ走るつもりです。

 

  • 投稿者 shibuya

権威的で排他的で中央集権で垂直統合でクローズドなモノ

2018年10月11日

いやぁーこんなにここへのポストの期間が空いてしまったのは、2005年の開設から初めての
ことでダメだなぁ。。。と思ってます。
13年も継続してきて、私なんでも丁寧に継続する!ってことを大事にしているんですけど、
2ヵ月以上も空けてはダメですわ。。。
決めたことをやらないって、別にここに記述しなくても誰に迷惑をかけるわけでもないんですが、
自分で決めたことを守れないってことがアカンです。
東証二部への市場変更、公募増資に株式分割、6月の決算に8月の決算発表、9月の株主総会に、
継続的なIR活動、さらにその間も事業はドンドン進んでいて、ちょっと余裕のない状況が続いて
ましたね。反省です。
この程度で余裕を失くす様ではまだまだです・・・

さて本題です。
私は1980年代から社会人として働いていて、当時はメーカー系列の末端で、下請け、孫請け、

ひ孫請けのようなポジションの町工場三代目として、よく権威的で中央集権で排他的なオッサン

達に楯突いてたように思います。
思い返すだけでいまだに嫌な気分になるくらい当時は厳しい仕打ちを力もないメーカーや代理店

サラリーマンのオッサン達から受けていました。
自動車部品のアフターマーケットにおける特約サービス店というポジションで、いくらか部品の

仕入掛け率は安くで仕入れられるんですが、「その権利を付与しているんだから、これくらいの
販売協力はしてもらわないと困る」と、本業とは全く関係のない彼らが戦略的新商品?とかって
位置づけるアパレル製品や電動自転車や、時には杜仲茶とか(笑)いわゆる抱き合わせ販売を

強いられ続けてきたり、まぁそういう事象を挙げれば枚挙にいとまがない状況でしたね。
別に人間として誰がエライなんてことは全くなく、単純に商流の上位に位置しているだけでエライ
と勘違いしているサラリーマンのオッサン達には、違和感どころか本気で怒ってましたね。
社会構造という鎧を着ているだけで偉そうにしている連中を見ていて嫌悪感以外感じなかったです。

まぁそんなことで、私自身の20代は、権威的で排他的で中央集権で垂直統合でクローズドなモノ
と戦ってきて、「こんなの絶対におかしい!」と感じ、生まれてきてずっと自分なりに育ててきた
自分の理念とは正反対な社会構造に対して、常に楯突いてました。
でも、いくらわめいてみたところで、実際には力のない会社と私ですから、結局そういうニセモノの
権威性に勝つためには、力を持つしかないんですね。
だから、インターネットやモバイルなどの情報通信に関するデバイスやネットワークが登場し、
使い始めた時に、「これこそ革命的に時代が変わる!」と信じて、うちの会社はそこに賭けたい!
と思ったわけですけど、その源泉はこの時代の日本のおかしな構造を変えたい!と思ったから。
おかしなこの国に蔓延る権威的で排他的で中央集権で垂直統合でクローズドなモノに立ち向かえる力
を付けることができると信じれたから。

そうして、情報通信革命の入り口30年弱が経過した今、私が想像した社会への指針は誰もが疑うこと
もなく常識になりつつあります。
「権威ではなく共感」「中央集権ではなく自律分散」「排他的ではなく多様性」「垂直統合ではなく
フラットなコミュニティ」「クローズドではなくオープン」
これらの変化は21世紀以降の大原則ですし、それを実現させるテクノロジーを活かした社会システム
が今後急速に普及していくはずです。
当社は、そこを事業ミッションに据えており、今後もシッカリと100年かけてでも推進していこうと
思っています。

で、そんな状況でワークすることができ、当社もまだまだこれからではあるけど、小さな成果を出せる
ようにはなってきました。
そんなときに、ふと自分自身が20世紀に戦ってきた権威的で排他的な存在になっているんではないか?
そんな風に祭り上げられてしまうぬるま湯のように心地よい環境に身を委ねていないか?
ってことをよく考えるようになりました。
これ加齢とともに本当に気を付けておかないと、すぐに陥りますよね。
だから強制的にでも常に自分をギリギリの状態に身を置き、高い視座を保ち、負荷に対峙するように
しておかないと、人間どうしても易きに流れてしまうもの。
それと、このポストにようにハッキリと自分の考えを外部に発信しておく(=社会に約束する)ことも
大事だなと思ってます。

なんか子どもみたいな発想ですけど、これは自分の生き様。
だから、若い本物のアントレプレナーとお会いすると、いつもいつも自分の方が勉強させてもらっていて、
自分の生き様を見つめ直し、そしてアントレプレナーシップとは何か?を考え続ける良い機会になって

いますね。
だからこれを諦めるときは、事業の現場から離れるとき。
一線でやる以上は、この精神を保ち続けたいと思っています。

 

  • 投稿者 shibuya

ページ