ブログの渋谷

主張するヒト

2018年04月10日

自分の意見を強く主張するヒトって、まぁそれなりにヒトを惹きつける力があったり、ついていこう
と思わせたり、そういう魅力があるんだろうと思います。
経営者の中には、そういうヒトが多いので、それなりのポジションにいる経営者と話をしたら、そう
いう感覚で「このヒト雄弁で話が上手いなぁ。。。」とか「社長ってこうじゃなければ務まらないの

かなぁ。。。」って感じてしまいますね。
私自身はもともと人前での話が下手で、緊張して、時には頭が真っ白になって言葉が出てこないことが
あったり、まぁ若いころはずいぶんコンプレックスを感じていました。
人前でしゃべれるようになるためには、どうすればよい??
と考えたときに、結局自分の内面への自信がもっとも重要で、その自信は深く深く考えて考えて、行動

して経験して、腹の中に叩き込まないと、本質的に迫力のある話はできないなと。
そう思ってすでにあれから25年は経っているかなぁ。。。少しはしゃべれるようになって、話す内容を

考えてなくても、ある程度は常に自分の考えの中にある引き出しから取り出せば、話が繋がるように、
なりつつはあるように思います。
ただ、ここにとても怖い落とし穴があるなぁとも感じています。
他の方を見ていても、論理がしっかりしていて、しっかりと考え抜かれているからこそ、その主張を
否定されたり、自分と同じように考えてもないのに適当に揶揄されたりすると、苛立つ方が多いなぁと
感じますね。
苛立つだけならいいのですが、他者を攻撃したり、場合によってはその主張の強さを良いことに、適当

なごまかしのような嘘をついたりと。。。
こうやって、自分の主張を正当化したり、居場所を守ったりって、まぁ自己保身ですよね。。
くだらないプライドからそういう行為を行っているヒトって、結構主張の強いヒトに多い気がします。
頭で理解している論理としては、素晴らしいことを言っているんだけど、個人としての行動は全く反対
のことをしているとか、まぁ良くある話で。
ほんと平気で嘘がつける大人って、これだけいるんだなぁ。。と思うと、まぁ本人は嘘だとも思ってない

だな。。という至極当然の結論に至り、そういうヒトとは関わるだけ無駄って話になります(笑)
ほかのヒトのことはわからないけど、ほんと自分がそうならないようにって思います。
主張が強くならざるを得ない立場の中で、大切なことは自分の原理原則と行動、言動をシッカリ合わせて
おくことが大事ですね。

 

  • 投稿者 shibuya

2018入社式

2018年04月03日

昨日は2018年の新卒入社式。
今年は新たに17名の新卒生を迎え入れることになりました。
私からは以下のような話を。

今の世界を見てみたら、ナショナリズムや排他的な保護主義、自国利益優先の姿勢などが
顕著になってきました。
(このことについて、実は私はそこまでネガティブには思ってなくて、エスタブリッシュメント
なヒトタチが提唱するグローバリズムには、少なからず問題もあると思っている)
なぜ、利己的な姿勢になるのか?
大国も一人の人格だと考えたら、人間が利己的になったり、排除・対立・攻撃・格差などを
生み出す理由は、往々にして自分を支配する不安があるから。
国家の場合、それが国内の選挙戦略として不安を煽り、それを自分は解決する政策を取っている!
というアピールであったにせよ、いずれにしてもこの星にある限りある資源を地球規模で起こって
いる奪い合いの論理から、未来への不安が醸成され、保護主義に走るということですかね。
であれば、問題は未来を信じる力があれば不安を払しょくできて排除の論理から、利他の心に

転換できるのはないかなぁと。
地球規模でも解決策は難しくても、少なからず当社においてはそうなりたい。
ホスピタリティマインドも利他の心も、結局の話未来を信じることができるからこそ。
クリエイティブを創発する環境も、利他の心を持つGiver(与えるヒト)の集合体だからこそ、
創造できる。
だから、会社はできる限り未来を信じることができる環境にしていくので、みなさんも不安が

あっても、必ず未来を信じてほしい。
そして、未来に責任を持ってほしい。
会社が創造していく環境という意味では、配属先の上長にもハッキリと、とにかく心をより添えて、
しかし決して甘くするという話ではなく、社会人としての成長感を持てるような指導をお願い

するとともに、「この上司と一緒に働きたい!」と思ってもらえるような存在になってほしいと
伝えています。
その結果、1年後には2019年の新卒が入社しますが、17名全員で一人も欠けることなく、来年

の新卒社員を迎え入れることを、全員で約束しようということをお伝えしました。
既存の社員も新卒社員も、みんなが共通の未来を信じて取り組めればこんなにうれしいことは

ありませんね。

これから日々日々大変なこともあるでしょう。
何とか今日のこの気持ちと、キラキラした目の輝きを失わないでほしいですね。
でもそれは私たち自身を映す鏡だということです。


 

  • 投稿者 shibuya

組織とヒト

2018年03月20日

組織なので、そこはヒトの集合体なんですが、会社の方針とかフィロソフィーとか、そんなこと
では、どうにもならない個々の性格とか考え方とか、過去から染みついたものが会社の方針とか
フィロソフィーよりも優先されてしまい、組織が混乱するケースもあります。
過去には(今でもそうかもですが)Taker(奪うヒト)で競争戦略に長け、相手を打ち砕いて
果実を得るという、まぁ人間の本来持つ闘争本能が強く、そういう戦いにおいてメンタルタフネス
な人物が、「仕事ができるヒト」と評価され、重用されてきたかな。
でもね。。。今は違いますよね。もはや。
時代は確実に変化しています。
現在私たちが必要だと思っている人財とは、Giver(与えるヒト)であって、競争ではなく共創を
重視し相手とともに果実を得て、利他の心を持ったヒトが必要なんです。
そして、この時代の変化の中で、それを通し切ることは、過去に成果を挙げてきたTakerの反発に
対峙しなければならないので、それはそれでタフなことです。
もう一つ大事なことは、こういう人財の考え方が絵に描いた餅にならないように、そして果実を

分配できるように、いかに付加価値の高い事業を創出するかってことですね。
鶏か卵かって議論もありますが、Giverが集まることで、クリエイティブに付加価値の高い事業が
創出されるという面もあるでしょう。
別の視点では、なぜTakerが重用されたかと言えば、クリエイティブなど不必要で、多様性を認めず
垂直統合型で押さえつけた組織管理で、成果が出た時代があったから。
そんな時代のGiverは、ただのお人好しで、組織の本流には位置できなかったのかもしれません。
でも本当のGiverは粘り強いヒトです。
そして深いところで大義を持つヒトのことです。
中途半端に考えもせず、コソコソ逃げてばかりで自己保身を繰り返す、奪うことも与えることも
せず、大義もないヒトではありません。

これは、これからの50年、社会の変化を踏まえて働くということ自体につながる話。
この概念を、私自身は完全に信じ切っているので、未来を信じることと同様に、組織とヒトへの

向き合い方という意味でも、より強くアクションしていきますね。
スマートバリューという会社の成長とフェーズの変化、社会の変化を踏まえて、明確にそういう
方向へ導いていきます。

 

  • 投稿者 shibuya

石川県加賀市およびシビラ株式会社と包括連携協定を締結!

2018年03月17日



昨日、石川県加賀市において、加賀市・シビラと当社の3社でブロックチェーンで基盤を構築し、
電子行政モデルを推進するための、包括連携協定を締結しました!
ちょっとわかりにくいかもですけど、コレ!私たちとしては、とても挑戦的で且つイノベーティブ

な取組みになります。
内閣府の「未来投資戦略2017“Society5.0の実現に向けた改革”」を踏まえると、「健康寿命増進」
「移動革命=モビリティ分野における改革」「まちづくり・インフラ」「Fintech」「次世代サプライ
チェーン」の5項目が国家の重点分野となるわけで、当社においては特にまちづくりの分野とモビリティ、
そしてヘルスケア分野に関わっていく中で、地方における課題解決をご一緒できる公がいらっしゃる

ことは、本当に意義があると考えています。
まちづくり・・いわゆる「新しい公」の構築に向けては、電子行政の加速は不可欠。
エストニアモデルではないですが、加賀市が地方行政のあるべき姿としての電子行政市となり、世界各国
から視察が押し寄せるようなモデルを推進したいですね。
地域経済好循環システムって言うは簡単だけど、適当にベンダーがソリューション作って、ハイ!どうぞ!
では、絶対に成果は出ない。
まず、成果を生み出すには、地域に根付くこと。
AIやブロックチェーン技術者の育成も含めたラボの設置も含めて、推進しようと思ってます。
ちなみに、ラボには絶対に温泉付きで!(笑)


 

  • 投稿者 shibuya

2018/6期第2四半期累計決算発表

2018年02月23日

ようやく先週上半期の決算発表を終えました。
その後も、決算説明会や投資家さまへの説明などを行い、ようやくひと段落。
また来月には、私がライフワークのように上場以来ずっと継続している個人投資家様向けの

説明会を、今度は札幌で行います。
この場には、個人投資家様ということですが、中にはすでに株主になっていただいている方も

来られるので、とても大切な場だと思っています。
毎回いただくご質問なども、いろんな気づきをいただけますね。

いずれにせよ、できる限り説明させていただいて、当社の解りにくい(笑)事業を知って頂く
機会があることは、ほんと大切なことだと思ってます。
さて、上半期の営業利益では、前年対比326%ということで、それなりの結果にはなりましたが、
まだまだ安堵していてはいけません。
「年間の予算達成」「イノベーションの創出」「サービスレベル向上」「働く環境の整備」・・・
足元の数字・未来への成長性・品質・ヒトへの投資と、場合によっては相反する課題に対し、

高い次元でバランスさせながら、しっかりと社会からの負託に応えようとする素朴な感性が大切
ですね。
さて今年度も残り4か月と少し・・・
まだまだ、やるべきこと、やりたいこと満載です。
決算説明も終わり、ロングスパートへ!

 

  • 投稿者 shibuya

2018年!

2018年01月09日

新年あけましておめでとうございます!
といっても、すでに9日経過して、完全に仕事モードですので、ちょっと遅くなりました。。。
2005年から書いているので、もう13年目!
なんでも続けてみるもんですね。

さて、そんな2018年。
世の中を見れば、混沌として、先行きに不安を覚え、未来に期待できない世相。
グローバルには右傾化、格差、対立、分断、排除・・・と、未来に期待できないから、今得るものを
得たい。。利己主義に走る結果、国粋主義的な方向へ陥る。
いや、国粋主義自体を批判するわけではありませんが、それに排除の論理が色濃く影を落とすことに
危惧を感じますね。
2018年は我が国においては、明治維新からちょうど150年目。
わずか3,330万人だった人口は、2008年の1億2,808万人をピークに減少に転じている。
減少には転じていても、そもそもわずか150年で3.8倍にまで膨れ上がっていて、同じく世界人口は
この150年で13億人から73億人へ5.6倍の増加!
よく言われる議論ですけど、人口は増えるが地球は当然変わらない。
いろんなものが生み出されようとも、すべての資源はこの変わらない地球上のものからしか生まれない。
しかし、消費する人口がこれだけ増えているわけなので、限られた資源の奪い合いが起こる。
そういった要素も含めた未来への不安でしょうね。
日本では人口減少、高齢化、成長できないという不安。
そしてグローバルには、2100年112億人まで、まだまだ膨張を続ける人口問題における奪い合いの不安。
そしてこれらの不安から、人間は許容や利他を忘れ、利己的になり、排除の論理を渦巻く。
自分たちを守るために、強権を発動する。
まぁ、よくいますよね。。。そういうダークサイドに堕ちたヒト。。
それと同じロジックが、グローバル社会で起こっているようにも感じています。
(いくつかの視点では、今まで巧妙に奪い合いの論理を人々にわからないように展開してきたものを
露呈させ、明確にノーを突きつけていると感じるものもあるので、すべてが現状の指導者達が悪いとは
思っていませんけど)

私たち日本企業は、世界のそういう流れに対しても、やはり自分たちらしい成長感を持ってチャレンジ

したいと思っています。
2018年からは、当社もそういう大局観を持って歩みを進めたいですね。
未来への不安を払しょくし、未来を信じ切ることが一番大事。
次の世代の人たちに、しっかりとバトンをつなげられるように!
そしてそのためには。。

●利潤を得ること自体は現資本主義経済の中では問題はないが、ポイントはどうやって利潤を得るのか、

どう考えて得るのか?という理念にある。
そして、その利潤の再分配という意味でも、雇用と納税の義務をしっかり果たし続けることが大前提。

●テクノロジーの力で、本気で構造的な社会課題を解決していく!という強い信念に基づいた事業展開と
そのことにどれだけワクワクとクリエイティブになれるか

●利他の心

●ヒューマニスティック(人間主義)な社会を信じ、人間愛を大切にしようとするマインドセット

2018年の年頭所信では、このような内容を社内に周知しています。
2015年の上場から3年を経て、基盤を固めるという意味では、本当に頭が下がるような現在の役員・社員
の皆さんのおかげで、一歩ずつ進んできています。
この次の3か年では、ストイックさは残しつつも、もっとワクワクと攻めてみたいですね。
徐々にそれができる組織になってきたと思っています。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます!

 

  • 投稿者 shibuya

2017年仕事納め

2017年12月28日

本日は、2017年の仕事納めです。
このブログというか日記は、2005年から書いてますから、これで13回目の年末ですね。
今年は、本当にいろいろなことがありました。
負荷もたくさんあり、組織のがんばりが際立った一年でした。
結果的に、中堅社員の成長感が素晴らしかったように感じますし、もちろん若手はドンドン
伸びてくれてます。
私の影響力を薄めて、役割を変えていることも上手く機能してますし、そういうことが
安心してできる組織になっていることが素晴らしいです。
いずれにせよ、自分たちのやっていることには自信を持って、ブレずに進みだけですね。
そして、2018/6期は上場後最初の3ヵ年計画の最終年度。
いろいろあっても、結果的に順調に進んでいます。
そして、その次の2018/7~2021/6の3ヵ年は、ここまで積みあげた基盤の上で、さらに
ジャンプアップしていく時期。
仕込みもシッカリ進んでいます。
2018年の年頭所信では、そんな想いを綴りました!

まずは年末年始、みなさんそれぞれにリフレッシュして、心身の健康を大切に!
また、年始は元気にお会いしましょう!
1年間ありがとうございました!

 

  • 投稿者 shibuya

東京オフィス移転しました!

2017年12月26日

平成20年に小さな事務所を六本木に出して、平成22年に三田に移転。
7~8名って感じだったかなぁ。。
あれから7年強で、今回汐留・築地エリアに移転することになりました!
約3倍の広さになって、オフィスの外は芝離宮庭園に、東京ベイが見渡せる、とても眺望の良い環境です。
本社機能は大阪ですが、各東日本エリアへの営業と自治体向けwebディレクター、そしてコネクティッドカー

関連のエンジニアは東京に集約してますので、もうしばらく成長しても大丈夫なはず。。ですッ!
気合い入ってます!
またいつでも遊びにきてください!

 

 






 

  • 投稿者 shibuya

「氣」

2017年12月18日

「気」と「氣」には違いがあると聞いたことがあります。
結論的に言えば、私が普段使うのは「氣」の方で、中が米ですね。
この「氣」を使う言葉は、ほんと山のようにあって、お天とさんの氣で「天氣」
氣の温かみで「氣温」

人の氣で「人氣」
氣の品格で「氣品」

勇ましい氣で「勇氣」
その他にも、「根氣」「短氣」「病氣」「活氣」「元氣」。。。
まぁいくらでもありますね。

よく日常生活でも、この「氣」の流れを観察したり「氣」を呼び込むことを意識したりも

しています。
この世の中には、間違いなく「氣」の流れがあり、それが人の社会や個々の人生に影響を与え
ていますね。
なので、この「氣」を意識することって、見えないものだし、なんとなくスピリチュアルな感じ
もあるし、良く解らないので見過ごされがちだけど、とても大切だなぁといつも考えてます。

「氣」は、米という字で、米という感じは穀物の穂と種ですから、エネルギーそのもの!
この旧字の「氣」とは、エネルギーが湧き上がっていく様を表現しているそうです。
古来より「氣」という不可思議なものの存在は理解されてきたわけで、今さら信じないもない

でしょう。
「氣」をコントロールというと、おこがましいにもほどがあるので言いませんが、できればそれを
呼び込めるような生活習慣を大切にし、良い氣の流れになるような心持ちで生きていきたいですね。
結局は、自分の日常的な振る舞いや言動、意志の強さみたいなものが影響しているんだと経験的に
感じますね。

 

  • 投稿者 shibuya

成長の心持ち

2017年11月11日

このブログ、少し間が空いてしまってました。。。
とにかく日々日々爆走している感じで、時間の経過を忘れてしまいますね。
そりゃ歳もとりますわ(笑)
比較的若い社員の多い当社なので、新しい事業の創出とか、負荷の高いプロジェクトとか、
いろいろ動きを作ることが大切だと思ってます。
その過程で、ごまかしたり、逃げたり、適当に小手先で回避しようとしたり、そういうこと
があると、厳しい話もします。
とにかく正々堂々とミスっても、オープンに正面から立ち向かってほしい。
そこからしか、未来への力は生まれてきませんから。
過去にはいい加減に任せてしまった結果、おかしな処理や適当な仕事になり、いまだに問題
を抱えてしまっている部分もあったりしますから、社会の中での責任を感じない仕事っぷり
はダメです。
任せろ!と言っておいて、適当な仕事をやって、問題が噴出すると辞めれば済み。。。
まぁ、任せることの責任ってことですね。
そういうことにならないよう、今の20代30代の社員には、そういう方向に堕ちそうな時には、
ハッキリ言うようにしています。
そして、30代40代の管理職には、もう一段厳しさを持って対峙しているつもりで、属人的な
言い訳とかプライドとか、そんなどうでもいいものよりも、社会の中での責任を意識できる
ようにと。
これは明らかに成長していることが実感できる人たちの心持ちでしょう。
以前と比較すると、間違いなく全体の力は上がってますし、統治と自律のバランスも芽生え
始めているかなと感じますね。
うるさく言う私の役目も、そろそろ終われそうかな(笑)

新しいプロジェクトや、過去からの課題を解決させるための業務など、負荷の高い状況が
続いてますけど、やり切れると信じています。
そして、私自身、当然だけどそんな甘ったるい感情で20年以上、強烈に事業を進めてきては

ないので、当たり前だけど柔じゃない。
やりきりましょ!

 

  • 投稿者 shibuya

ページ